更年期のおりもの量は多い?少ない?閉経前・閉経後に量が増えるのは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期には体に様々な変化が起きてきます。おりものの変化もそのうちの一つです。

例えば、更年期に入ってからおりものの量が多い・少ないと感じたことはありませんか?

おりものの量にも個人差があるので、多い人もいれば少ない人もいます。ただ、急に増えるということがあった場合は注意が必要かもしれません。

閉経前と閉経後でもおりものの量の持つ意味は異なってくるので、正常な変化なのか?病気が隠れているのか?をしっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

更年期におりものの量が多いのはどんな時?

更年期,おりもの,量

更年期になると、生理の間隔もあいてきて経血量も少なくなってきた人も多いと思います。それにくらべて、おりものの量が多いと感じたことはありませんか?更年期ではこのような変化はよく見られることなのです。

膣を雑菌から守るため

おりものは、外部からの細菌や雑菌の侵入を防ぐ働きがあります。これまでも、おりものはそのような役割を担ってきましたが、他にも女性ホルモン(エストロゲン)が似たような作用を持っていました。

更年期になると女性ホルモンによる膣の浄化作用が極端に減ってしまうので、膣を守ろうとしておりもの量が多くなるということが起きるのです。

更年期におりものが少ないのが気なる…

おりもの,量,少ない

おりものも女性ホルモンの影響を受けているので、女性ホルモンが減少する更年期にはおりものも少ないということもあり得る変化です。

更年期に入るとおりものの量が増える人もいますが、40代後半から閉経直前の時期になると次第に少なくなってくることが多いようです。

「おりもの」の量ってどうやって判断するの?

個人差があるので「増えた」・「少なくなった」のいずれにしても以前の自分のおりものと比べて判断することになります。

客観的にみると、おりものシートを使って日常を生活できるのであれば特に問題ありません。おりものにも関わらず生理用ナプキンを使わないといけないほど量が多いという場合は何らかの異常が考えられるでしょう。

更年期になりおりものが急に増える場合

おりもの,量,多い

更年期におりものの量が増えるのは、特に心配のないことですが約40%の人はなんらかの病気が関係していると言われています。若い時に比べて子宮がんなども発症しやすくなってきているので、注意が必要です。

悪性腫瘍や膣炎の可能性もあり

膣の浄化作用が低くなるためおりものの量は増えることが多くなります。しかし、浄化作用が低くなるということは、逆に膣炎を引き起こしやすいということです。

中には、膣炎を引き起こした結果おりものの量が急に増えるということもあるので注意しておきましょう。

また、悪性腫瘍(子宮がん、卵巣がん)や糖尿病、腎疾患でもおりものの量や色に変化が出ることが分かっています。自分では特に不快感がなくても、念のため病院で検査を受けておくと安心ですね。

閉経前のおりものの量ってどのくらいが正常?

閉経前,おりもの,量

閉経前に見られる症状や閉経時期にも個人差があるように、おりものの量にも個人差があります。とはいっても、閉経前であればおりものの量は少なくなってくるのが自然だと言えるでしょう。

実は、おりものも生理と一緒でホルモンリズムに合わせて変化していくものです。排卵期にはドロっとした白い粘り気のあるおりものが出ることが多く、これを排卵の目安にしている人もいるほどです。

閉経前には、排卵も行われなくなりますので塊のようなおりものが出た場合は念のため、病院に行く方が安心です。

閉経後のおりものの量ってどのくらいなの?

閉経後,おりもの,量

おりものは、膣の浄化作用の役割とともに、精子と卵子が出会いやすいように膣を滑らかに保つという役割を持っています。

閉経後は、その必要がなくなるためおりものの量も次第に減っていく人が多いようです。閉経後もおりものの量が多く、さらにおりものに色がついているという場合は病気の可能性があります。

閉経後に考えられる病気って?

  • 萎縮性膣炎
  • トリコモナス膣炎
  • 細菌性膣炎
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん

閉経後は、特に子宮がんの発症率が高くなるのでおりものの変化だけでもすぐに病院を受診した方がいいでしょう。

また、おりものの量が多いからといって、綺麗に洗浄しすぎるのも問題です。ますます自浄化作用が弱くなってしまう原因です。

気になる時は、自分で対処する前に病院を受診して治療を受けるか、対処法のアドバイスをもらうようにしましょう。

まとめ

女性ホルモンはこのようにおりものにも関係しています。ですから、女性ホルモンバランスが崩れる年代である更年期はおりものにも変化がでやすいとう訳です。

正常な変化のこともありますが、病気が疑われるような変化をしている時もあります。自分で分からない時は放っておかずに、早いうちに婦人科で検査を受け適切な治療を受けることが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい