大人ニキビの特徴と改善法!多くの30代女性が悩んでいる大人ニキビ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人ニキビは10代の頃のニキビと違って、しっかりとケアをしないと跡が残ったり、再発したりと大変です。

女性は年齢を重ねていくとお肌の悩みが増えてくる上、大人ニキビの跡なんて残ったら最悪です。

スポンサーリンク

30代はストレスがたまりやすい

大人はストレスがたまりやすい環境にいることが多く、生活の乱れと合わせて、治るスピードも遅いです。

それどころか、治る前に別の場所に大人ニキビができていく負の連鎖も十分ありえるケースです。

大人ニキビの跡がシミに変化する事もありますので、これから年齢を重ねていく30代の方は特に気を付ける必要があります。

後々困らないようにするためにも予防のポイントを知る事が重要です。

若い時のニキビと違う大人ニキビの特徴

10代の頃に出来るニキビと性質や特徴が違う事をハッキリと知っておく必要があります。

20代や30代で発生するニキビは肌の状態が悪く、しっかりとスキンケアが出来ておらず、毛穴の詰まりや汚れが元なので、再発する事が多いです。

また10代の頃と違い肌のターンオーバーも遅くなりつつありますので、すぐにニキビ跡が消えないのも大きな特徴と言えます。

それがシミになるケースもありますので、基本的なスキンケアが重要なのです。

何故、大人ニキビが出来てしまうのか

大人ニキビの直接的な原因は毛穴の詰まりや汚れから来ますが、そうなってしまうには理由があります。

脂物ばかりの食事、睡眠不足、喫煙、飲酒等の生活習慣によるものからストレス、紫外線、洗顔料の洗い残し等が原因です。

ニキビに限らず肌が荒れる時は先ほどのような原因やタイミングで発生しますので、規則正しい生活をする事が予防になります。

また生理前も出来やすい時期になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい