不安になる!その理由とは?恐怖・恋愛・インターネット・加齢など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かに対して不安になることは女性なら誰にでもあります。

不安はこれといった正体のない、漠然とした心の状態です。現在に対してではなく、未来をネガティブに捉えることで発生します。

例えば、恋愛・インターネット・加齢などに対して無性に恐怖や不安を感じる方もいるでしょう。

しかしそれには依存が原因になっている可能性もあります。なぜ不安になるのか、まずその理由を考えてみましょう。

スポンサーリンク

不安のギモン

不安,女性

不安になるのは病気ですか?

病気でなくても不安になるのは人として当然です。

不安があまりに強い、または身体症状が強く表れるのであれば話は別です。

心療内科などの病院に行くといいでしょう。

現在に対して不安をもつことはありませんか?

既にわかっている現在に対して持つのは不安ではありません。

現在のことに思えても、実際は未来に対して考えています。

不安になる恐怖

不安になる場合と恐怖を感じるときの心は近いものがあります。しかし、恐怖は対象がはっきりしています。

例えば高い場所が怖い、他人の視線が怖いなどありますね。

一方で不安は対象が漠然としています。現在の状況ではなく、未来に対してのものとなります。その上正体がわかりにくいために、対処が難しいのです。

恋愛で不安になる

恋愛で不安になるのは、相手との関係に問題があるときではありません。多くの女性は、一人で不安に陥っているんですよ。

恋愛の近い将来、遠い将来どちらも不安材料が大量にあります。女性は一般的に悪い状況を考えがちで、20代になると結婚を意識するようになるのでなおさらです。

でも、不安になる気持ちも含めて恋愛なのです。

一人で抱え込んでいると、不安は増すばかりです。頼りになる友人に話すと心が楽になる場合が多いですね。彼にぶつけて喧嘩の理由にならないよう気をつけてくださいね。

インターネットで不安になる

インターネットへの依存傾向が強い人が増えています。パソコンやスマートフォンへ向かっていないとイライラすることはありませんか。

睡眠不足などで生活に支障が出ても、無理に利用していませんか。依存の自覚がなくても、使用しないと不安になるなら依存傾向が強くなっています。

特に10代は友人付き合いのために無理に使ってしまいがちです。気がつけばすっかり依存してしまい、周囲が止めてもやめられなくなります。

インターネットを使う目的を決めて、なんとなくで電源を入れるのはやめましょう。うまく付き合ってこその便利なツールなのです。

加齢に対して不安になる

人間は年を取ることを考えて不安になるのは当然です。健康上の問題、生活についての問題、家族問題と不安要素は多いですね。

どうやってそのような心と付き合っていくのか考えていく必要があるんですよ。

ですが、あまり若い内から不安になる必要はありません。

30代、40代、50代は加齢に対する不安は大きいですが、10代や20代で不安を覚えたら、なぜそうなるのか考えてみましょう。

不安になる理由とは

なぜ不安になるのか理由を探そうとして、さらに不安が募る悪循環を経験した人はいませんか。理由がわかれば対処法も見つかりやすくなるはずです。

ですが、理由を考えることそれ自体で、不安の強化につながる場合があるのです。

意識したくないからこそ、理由を考えると不安が増すのです。

こんな時は、趣味などに没頭して一時忘れてもいいんですよ。心を落ち着けてから、再び向き合ってみればうまくいくかもしれません。

不安は悪いことばかりじゃない

不安になると、この状態ではいけないと思う人が多いでしょう。どうにかして脱却しようとして、逆に不安が増す結果に終わる場合もあります。

しかし、不安になるのは未来を考えられるからなのです。不安を覚えることは誰にだってあります。うまく付き合い解消や発散につなげられるように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい