不安になる!夜が怖い?夜寝る前の突然の不安?病気が原因?対処法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不安になるタイミングは事前にわかるわけではありません。突然の不安、いつの間にか漠然と抱えている不安もあります。

特に夜、寝る前の不安であったり、いろいろ考えていると眠れなくなる人も多いでしょう。

この不安という漠然とした要素に対しては、ある程度なら自力での対処は可能でしょう。

しかし、それが強い不安や理由のわからないものであると難しくなります。病気が原因の可能性も否定はできないので、専門家の目と経験が必要になる場合もあるのです。

また、急に不安がやってきて、すぐにでも対処をしたいときは、誰かに話し相手になってもらいましょう。家族や友人に話すだけで楽になるケースは多いんですよ。真摯に話を聞いてくれる人の存在は大きいのです。

スポンサーリンク

不安になるのは病気?

不安になる,病気

不安になるのが症状のメインとなる病気が存在します。

全般性不安障害や強迫性障害、パニック障害などといったものです。不安の内容や不安になる理由がわからない、不安により日々の生活に支障が出るといった問題はありませんか。

心当たりがあれば、心療内科や精神科での対処が必要となる状況です。行きすぎた不安から抜け出すために、利用してください。

夜、寝る前に不安になる

夜になると不安になる人はいませんか。特に寝る前の暗く静かな環境では、寝るのにいい環境なだけではありません。感情が高ぶりやすく、一度高ぶった感情を沈めるのも難しい時間でもあるのです。

一人でいると、さらに不安になる傾向は強くなります。本来ならリラックスして眠るはずの時間に不安が続くと、自律神経のバランスが乱れます。不安を感じる前に対処を行うのがいちばんですよ。

不安になる種類とは?

不安には大きく分けて二種類があります。

特性不安と状態不安です。

特性不安は、原因が特にない漠然とした不安です。正確傾向としてすぐに不安になるのですね。

状態不安は、原因がわかっている一過性の不安です。原因が排除されれば不安も取り除かれます。

突然、急に不安になる

突然、急に理由もなく不安によるパニックが発生してはいませんか。

20代から30代に多く見られるパニック障害です。

男性より圧倒的に女性に発生しやすい傾向があります。息が詰まる、冷や汗が止まらない、動悸が激しいなど身体的な症状が起こります。繰り返されるようなら、専門医の診断を受けてください。早期治療をすれば治りやすくなるんですよ。

不安への対処法は?

不安になるときの対処法は様々です。親しい友人とおしゃべりをするのが効果的な人は多いですね。逆に一人で音楽や絵などの芸術に接する、イラストや文章を作成している内に不安を忘れる場合もあります。

不安にまったくならないという人はいません。

ですから、心が病んでいなければある程度の不安には耐えられます。耐えられないときに発散する方法は経験から理解しているはずなのです。

不安にどうしても対処できないとき

人は誰でも不安になるときがあります。それ自体には問題はないのです。未来を想像できるからこそ不安という感情を覚えるのですね。

ですが、不安に全く対処できない場合はどうすればいいのでしょうか。

心の調子が悪いだけなら一過性のものです。友人の力を借りる、職場や学校なら担当カウンセラーに相談もいいでしょう。

自分では全く対処できない病的な不安であれば、専門医の手助けが必要だと考えてください。不安障害やうつによって不安になる場合は、素人だけでの対処は厳しいのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい