目が乾く!目の乾燥に悩む方はチェック!目が乾く原因と対処方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目は体の他の部位と違い、皮膚で覆われていません。非常に薄い涙の層で角膜や結膜を守っているのです。涙の量が減り目が乾くと、涙によるバリア機能が不十分となります。

角膜や結膜が乾燥して傷つきやすくなるのです。疲れ目を感じている人は、目の乾きが原因かもしれませんよ。

スポンサーリンク

目の乾燥のはてな?

目,乾く,乾燥

目が乾いたときはどうすればいいですか?

簡単な方法としては目薬がありますね。

まばたきを増やす、目の周囲を温めるのも効果があります。

目が乾く原因を取り除き乾かないようにするのが、乾いた後の対処より効果的です。

目が乾くのに病的な原因はありますか?

結膜炎になると、目が乾きやすくなります。

目表面から涙の蒸発を防ぐ皮脂を分泌するマイボーム腺が詰まっても、目は乾きます。

50代前後の女性に大井シェーグレン症候群は、目に限らず粘膜が乾燥します。

涙が分泌されなくなるため、非常に目が乾くのです。

目が乾きやすい人は花粉症になりやすい?

目が乾くと花粉症になりやすいって聞いたことがありませんか。

目の表面は常に涙の膜で覆われているので、外部刺激から守られています。ほこりや花粉といった異物が目の表面にくっついても、涙で洗い流されます。

しかし、目が乾くと涙が減少するために、花粉を取り去ることができません。いつまでも目についた花粉が取れないので、アレルギー反応を引き起こす原因となるのです。

寝ている間に目が乾く

起きているときは、無意識にまばたきを繰り返していますよね。

一方寝ている間は目を閉じているため、まばたきをしません。

寝起きに目が開きにくいと感じることはありませんか。あれは目が乾くために発生しているんですよ。

すっきり目覚めたいのであれば、起きてすぐ目薬を差して潤いを与えるのがいちばんです。

冬に目が乾く

冬は空気が乾燥しているために、目の表面から涙が蒸発しやすくなります。ですからすぐに目が乾く傾向が強まります。その上、職場やデパートなどは暖房でさらに乾燥が進みます。

肌の乾燥と同様、それ以上に目の乾きにも気をつけてくださいね。

目が乾くとしかめっ面になりやすいため、小ジワの原因にもなってしまいます。

目が乾くのは年齢のせい?

目が乾くのには年齢が関係あります。年齢を重ねるほどに涙の分泌量が減少するためです。

涙を作り出す涙腺の機能が低下するのが原因ですね。

40代になると、若い頃に比べて目の疲れが早いと感じませんか?これは目の乾きが疲れに直結しているからなんです。

目の乾きと頭痛の関係

目が乾く際の症状として頭痛を起こす人がいます。

持病として頭痛がする人は、どんな時なのか考えてみてください。パソコン作業、長時間の読書や車の運転の後といった目を酷使した後ではないですか。

少し目の疲れを感じた時点で休憩をとる、蒸しタオルで血行をよくするなどの対策が有効です。定期的に目を休ませるだけで頭痛はずいぶん緩和されますよ。

目が乾く状況に気をつける

目が乾く外的要因としては、乾燥しやすい場所や季節があります。

環境の急変でない限り、事前に目薬を準備する、加湿器を使うといった対策が可能です。

涙の分泌が減少する40代以降は特に、常に目薬を持ち歩くくらいのつもりでいましょう。

また、自ら目が乾きやすい状況を作り出さないよう気をつけましょう。

長時間の目の酷使は、目の乾燥をまねきます。パソコンやテレビに長時間向かう、暗い部屋で読書をするような習慣はありませんか?

目によくない行為を控えて目を守りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい