ドライアイの症状?涙が止まらない・頭痛・めまい症状もドライアイ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライアイと言えば、目が乾くという症状がよく知られていますが、実はそれ以外にも人によっては涙が止まらない・頭痛・めまい・眼瞼痙攣といった症状が出ることもあります。

ドライアイの症状を放置すると、涙によるバリアが不安定なままとなります。角膜や結膜が傷つきやすくなるため、さらに障害が進行するのです。悪循環を防ぐためにも、症状を自覚したら治療を開始しましょう。

目に違和感のある30代40代女性は早めに眼科を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

ドライアイのはてな?

目,ドライアイ,症状

目以外に出た症状は、どうやってドライアイと判断しますか?

ドライアイの治療を通して改善したら、原因判明ということになります。

同時に目にも異常が出る場合が大半ですので、全体的に判断することになりますね。

ドライアイの症状は目薬で治りますか?

初期の軽い状態なら、蒸しタオルや市販の目薬でも解消できます。

ですが、重症であれば眼科で涙の量や角膜の状態を検査するのがお勧めです。

目に傷が残っていると、一時的な緩和はできてもすぐに再発します。

ドライアイの症状で涙が止まらない

ドライアイは涙が不足することから発生する症状が有名ですね。逆に涙が止まらないというのもあり得るんですよ。

涙の減少によって、目が外部からの刺激を受けやすくなります。

刺激に対して洗い流そうと涙が常に分泌されてしまうのです。このため、涙が止まらなくなってしまうんですね。理由がわからず放置されがちな症状なので、注意してください。

ドライアイ 頭痛の症状

頭痛の症状が定期的にみられる人は、どんな時なのか考えてみてください。パソコン作業の後や読書時、テレビを長時間観た後、車の運転後ではないですか。特に後頭部から首筋にかけての緊張性頭痛は、ドライアイが原因で発生します。

他にもこめかみや目の奥が痛む人もいますね。頭痛を感じたらすぐに休憩をとり、首や肩の筋肉をほぐしてください。蒸しタオルで目の周囲を温める際には、大きなタオルで肩まで温めると効果的ですよ。

ドライアイ めまいの症状

めまいに疲れ目を伴っているならば、ドライアイから引き起こされた可能性があります。

眼科の処方箋ですぐに緩和するので早めに行ってみましょう。辛い発作に悩まされるより、まずは症状を抑えるといいですよ。

30代から40代のプレ更年期の女性は、ストレスや過労によってめまいが発生しやすいですね。ストレスだと決めつけず、他に症状がないかセルフチェックしてから判断しましょう。

ドライアイ 眼瞼痙攣の症状

ドライアイのような症状が見られても、全く別の病気である眼瞼痙攣の可能性があります。脳の神経回路の異変により発生する神経の病気で、40代以上の女性に多く見られます。

瞼の上がピクピク動く、目を閉じた後瞼を上げにくいといった現象が起こりませんか?ドライアイの治療をしてもよくならない場合は疑ってみてください。

ドライアイの症状は目に出るとは限らない

ドライアイの症状は、主に疲れ目や目のかゆみや痛みといった目に現われます。ところが、必ずしも目だけに現われるとは限らないのです。

頭痛やめまい、肩こり、吐き気といった症状に悩まされる人も数多く存在します。目が開けられない状態や視力低下を補う体への負担、また目の筋肉の疲れから発生しているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい