30代女性に多い?ドライアイの原因は顔の筋肉の衰え?レーシック?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代女性にもよく見られるドライアイ。

この原因はさまざまありますが、年齢や、顔の筋肉の衰え、レーシック手術や、湿度なども要因になる可能性があることをご存じでしたでしょうか?

ドライアイは、文字通り目の表面が乾いてしまうために発生する症状です。

目は涙で潤されることで、角膜や結膜を守って傷から防いでいるのです。乾燥の原因がわかれば、ドライアイの対策になりますね。

30歳を超えて目が疲れやすくなったと感じませんか?年齢のせいではなく、いつのまにか症状が進行しているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

ドライアイの疑問

ドライアイ,原因

ドライアイの原因として年齢は考えられますか?

年齢を重ねるほどに、涙の分泌量が減少することがわかっています。

ですから、年を重ねるほどドライアイになりやすいと考えていいでしょう。

ドライアイの原因で女性特有の理由は?

女性は男性に比べて涙の蒸発を防ぐマイボーム腺の働きが弱いという説があります。

他にもアイメイクが原因としてあげられていますね。

ドライアイの原因は顔の筋肉の衰え?

ドライアイの大きな原因として、顔の筋肉の衰えがあります。

例えば入院して寝たきり生活をすると、数日で立つのも辛くなります。同様に何年も顔の筋肉をちゃんと動かさなければ、顔の筋肉が衰えるのです。

年齢と共に筋肉は衰えるものです。表情を動かさずにいると、さらに筋肉は弱ってしまいます。

さらに就職してからずっとパソコンの画面に向かっていると、瞬きの回数が減っていきます。30代になる頃には目薬が手放せなくなる原因ですね。

レーシックがドライアイの原因に?

レーシック手術を受けると、角膜の切開時に知覚神経も切れます。角膜の知覚神経には、乾燥を感じ取って涙を流すように命令する機能があります。

レーシック手術後は、この命令ができずに目が乾きやすくなる原因となっているのです。

レーシックの手術後は特に目の乾燥に気をつけてください。乾燥が治らないでいると、レーシックで目についた傷が治りにくくなります。

さらにドライアイが進行する悪循環へと繋がっていくんですね。

ドライアイの原因はひとつじゃない

レーシック手術を受けていなくてもドライアイの人は大勢存在します。表情をよく動かしているつもりでも、乾燥した環境に長時間いれば目は乾くものです。

原因をひとつに決めたところでよくなるわけではないのです。

もちろん、空調や湿度チェック、眼輪筋トレーニングは大事です。目をこまめに休ませるのは、ドライアイの予防にいいと言われています。

少しでも目の調子が悪いかなと感じたら、目を疲れさせる原因をとりのぞきましょう。無理をさせると、悪化しやすくなりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい