関節痛の症状は風邪?病気?熱・寒気・咳の症状はインフルエンザ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪をひいた際の関節痛は、ウィルスによって発生するわけではありません。ウィルスが体内に侵入すると、対抗するために体内では免疫細胞が作られてウィルスに対抗します。関節痛は、免疫細胞の働きによる余波だと考えてください。

スポンサーリンク

関節痛と風邪のギモン

風邪,関節痛

朝起きたら関節痛がするのですが風邪でしょうか?

その一点だけで決まるわけではありません。

ですが、他にも風邪に該当する症状があれば可能性は高いですね。

風邪で関節痛を起こしたときに以前治療したヘルニアの痛みが出ました。風邪をひくと復活してしまうのですか?

風邪による関節痛は、全身どこにでも及びます。

そのために、故障した経験のある部分は痛みが復活することもあるのです。

風邪による関節痛はすぐに治りますか?

高熱が続くと、風邪が治っても関節痛が残ることもあります。

風邪を早く治すのが先決ですね。

関節痛と頭痛は風邪の症状?

関節痛と頭痛は、どちらも発熱を伴う風邪に出やすい症状です。痛みなので根は同じだと考える人もいるのではないでしょうか。

ただし、他の病気である場合にもセットで出やすいことを忘れてはいけません。疲労や肩こり、胃腸炎、肝炎など、様々な可能性があるのです。

風邪?寒気と関節痛の症状

風邪の際の症状として、関節痛と寒気は同時に出ることが多いようです。これはどちらの症状も免疫細胞の働きに関係しているからなので、温かくして安静にしてください。

ただし、特に他の症状が出ないときは安静にして様子を見てください。免疫細胞が働いているということは、何らかの病気である可能性は高いのです。

風邪と関節痛の薬とは?

市販の風邪薬は多くの種類があります。では関節痛にいいのはどういった薬なのかご存じですか。

鎮痛解熱剤と書いてあるものであれば、熱と関節痛両方を和らげてくれます。成分としては、アセトアミノフェン、イブプロフェン、アスピリンなどです。

よく痛む人は風邪をひく前に薬局であたりをつけておくといいですよ。

風邪による関節痛の治療法は?

例えば四十肩でしたら、少しずつ筋肉をほぐすためのマッサージやストレッチが有効です。

ですが神経や周辺筋肉、骨などが痛みの原因ではない風邪の際の関節痛を、直接的に治療する方法はありません。

体を温かくして安静にしていれば、多少は楽になる人が多いようです。女性は特に体力や抵抗力が落ちてきた自覚の出る40代あたりから、しっかり休む必要があります。

ひどい関節痛はインフルエンザかも?

強い関節痛と熱、寒気、咳などが急激に発症した場合は、インフルエンザかもしれません。風邪であれば、症状は比較的ゆっくり悪化していきます。

一方でインフルエンザは急激に発症するのが特徴のひとつです。

特に周囲に患者がいる職場や学校、流行している時期には気をつけましょう。早めに対処するため、あやしいと思ったらすぐに病院で検査を受けてください。インフルエンザの抗ウィルス薬は、症状がでてから48時間以内の服用が必要なのです。

風邪による関節痛の治し方

風邪のウィルスに対抗するためにできる免疫細胞が、関節痛の原因となっています。痛みを取り除きたかったら健康になるしかありません。体を温かくする、よく休む、食欲があるなら栄養摂取する、基本の治し方ですね。

こうして体がウィルスに打ち勝つのを待つのです。体を治そうとしている免疫細胞の働きを阻害するわけにはいきません。人間は体内で免疫細胞を作り出すからこそ、風邪のウィルスによる攻撃に対抗できるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい