パーキンソン病とは?パーキンソン病の症状・原因・検査・治療方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーキンソン病は、中脳の黒質に異常が発生して正常な神経細胞が減少します。減少の結果、黒質で作られているドーパミン量が低下します。そして黒質から脳の他の部位への情報伝達がうまくいかなくなって様々な症状が発生するのです。

スポンサーリンク

パーキンソン病のはてな?

パーキンソン病,症状

最近手足が震えるのですが、パーキンソン病でしょうか?

症状ひとつとるだけでは他の病気の疑いもあります。気になるようであれば、病院で検査を受けるといいですよ。

パーキンソン病の疑いがあれば、何科の病院に行けばいいですか?

A:神経内科の専門病院に行ってください。別の病気だと思って病院に行き、神経内科を紹介される場合もあります。

パーキンソン病 症状

パーキンソン病,症状,震え

【主な症状】

手足のふるえ、動きの遅さ、体のバランス調整能力の欠如、筋肉が硬くなるといった症状が見られます。 パーキンソン症状は、ここから発生するのです。

【パーキンソン症状】

顔の表情が乏しくなる、まばたきの減少、すくみ足、前屈姿勢、小股歩行、加速歩行、突進歩行、小声、構音障害、小書症、巧緻運動障害など、様々な症状があります。 いずれもパーキンソン病の症状から発生する運動障害です。

【非運動症状】

睡眠障害、精神症状、認知機能障害、自律神経系症状が見られます。 うつの症状は、患者の半数程度に傾向が見られると言われています。 認知症は、病状が進行すると二割程度の人に見られます。

パーキンソン病 原因

現在のところ、発症の原因ははっきりとはわかっていません。ですが研究よりいくつかの要因が仮説として考えられています。中高年に多いことから、加齢により遺伝子の働きが変化するためではないかという説があります。

また症状の進行だけでなく発症にもストレスが関わっているようですまた、多くて一割程度は遺伝子異常から発生する家族性のもののようです。家族性以外でも、この病気の発症や進行状況には遺伝的要因の可能性が指摘されています。

パーキンソン病 進行

パーキンソン病は、早めに治療すれば症状の進行を食い止めることができます。現在のところ完治させる治療法がないため、初期段階からの治療が必要なのです。

症状が進んでくると、手足の震えが周囲から見ても変化がわかるほど酷くなります。歩行も難しくなり、生活全般が不自由となり、最終的には介助が必要となります。

ですが、治療を続ければ発症していない人と寿命の違いはなくこの病気そのものに命の危険はないのです。治療せずにいると進行が早いので、早期発見・早期治療が大事な病気です。

パーキンソン病 検査

パーキンソン病の疑いがあるときには、検査を行います。ただし検査は、パーキンソン病であるのか見つけるものではありません。

脳腫瘍、脳梗塞、硬膜下血腫、脳出血などの似たような症状が出る他の病気の可能性を確認するのです。検査の種類としては、血液検査、CT検査、PET検査、MRI検査などがあります。

パーキンソン病 治療方法

パーキンソン病の治療法の中心は、薬物治療となります。薬物治療が長期化したときの問題点緩和には、外科治療を用いる場合があります。

また身体機能の低下を防ぐために、適度な運動が必要です。リハビリテーションを常に行い、家でじっとしないよう気をつけます。

パーキンソン病についての勘違い

パーキンソン病の発症年齢ピークは、50代後半からとなります。女性の方に多いように見えますが、発生頻度に男女差はありません。50代になったからと無闇に怖れる必要はありません。

ですが、早めの治療が進行を抑えるために大事な難病のひとつです。もしかしてと思ったらすぐにでも検査を受けてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい