足のしびれは病気?足の指先のしびれ、妊娠初期の足のしびれの原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足のしびれは、日常生活でも正座や足を組んで座るとすぐに味わえます。

ですが、こういったしびれが特に足へ負荷をかけていない状態で発生すると問題です。

立っているどころか、寝転んでも辛くて何もできない場合があります。しびれのためにうまく歩けず倒れてしまう危険性も考えられます。

スポンサーリンク

足の痺れ(しびれ)の疑問

足のしびれ

足のしびれは何科で診てもらえばいいですか?

原因がわからない場合、まずは神経内科に行くといいでしょう。原因次第では、内科や整形外科、脳外科なども考えられます。

足のしびれは病気ですか?

必ずしも病気とは限りません。特に理由がない、急に発生しては消える、タイツ一枚履いているような違和感が続くなどの場合が問題となります。

足のしびれの原因

足のしびれの裏には、多くの原因が潜んでいます。ですから、足のどの部位がしびれるのか、他に症状がないのかが重視されるのです。

例えばお尻から足先まで全てがしびれるのなら、腰に問題があると考えられます。歩行時のしびれは足、脊椎どちらも疑われ、手足同時なら脳疾患かもしれません。しびれが一過性のものか、何度も続くのかよく観察してください。

足の指先のしびれ

足の指先だけがはっきりした理由もなくしびれるときには注意が必要です。特に症状が続くようであれば、早めに病院へ行ってください。

腰や背骨にも不快感があるようなら椎間板ヘルニアの可能性があります。

頭痛や吐き気がするのであれば、脳疾患の疑いすらあるのです。

他に症状がなくても、足の神経圧迫によるモートン病かもしれません。

足のしびれの治し方

正座や足組みの後に発生する足のしびれは、特に病的でない普通のものです。

足の特定の部位が圧迫されるために血流が悪くなり末梢神経が酸素不足に陥った結果ですね。一度に血流をよくせず、少しずつ姿勢を楽にすると足のしびれは軽くなります。

例えば正座の後であれば、重心を前後左右に少しずつずらすのです。足の指先をそらす方向に曲げて軽く体重を乗せるのも有効ですよ。

足のしびれにツボはあるの?

正座の最中に圧迫されがちな場所は膝裏、足首、足の甲です。足がしびれたときには、これらの部分に関するつぼを指圧すると楽になりやすいですよ。

膝裏の中央にある委中をさすると、膝だけでなく足全般にいいですね。

膝の皿の下にある、骨の外側のくぼみから指三本分下の足三里を刺激しておくとしびれが軽減されます。

足首前方にある日本の腱の間の解渓は、足の血流をよくします。

立てないときは、いったん足を伸ばして足首を曲げ伸ばしすればこのツボが刺激されますね。

妊娠中の足のしびれ

妊娠中の足のしびれは、妊娠による体の変化により発生します。お腹が大きくなるために腹部の神経や血管が圧迫されやすくなります。神経血管いずれも足に繋がるものがあるため、しびれやすくなっているのです。

出産後に少しずつ消えるので心配ありませんが、サポーターをつけると解消しやすいようです。むくみなどの症状が併発すると妊娠中毒症の心配もあるので、すぐに助産婦や医師に相談してください。

足のしびれに注意

足のしびれは特に注意を払われない症状のひとつです。歩行に支障が出るようになって初めて、病気を疑う人が出るようですね。しかし、病気の前兆として足のしびれが出ている可能性があります。早期に発見ができれば、治療期間も短く完治が望めるかもしれません。

40代や50代になると、様々な病気の疑いがでるので他に自覚症状がないか振り返ってください。自覚はなくても、周囲の人が様子がおかしいと気づいている可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい