嫁と姑の悩み!嫁姑の同居はストレス?仲良く過ごすための方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「嫁と姑」。これはもう、既婚女性なら誰もが一度は悩む永遠のテーマではないでしょうか。

もちろん、関係が非常にうまくいっている人もいますが、そんなケースはごく稀。

たいていは、姑の息子である夫を間に挟んで、なんらかの不満を抱えているのが普通です。

どちらにも良い顔がしたい夫(息子)は当てにならないし、一体どうすれば良い関係を作れるのでしょうか?

スポンサーリンク

嫁と姑が対立してしまう原因

shutterstock_136640054

嫁と姑の仲がうまくいかないのは、たいていの場合夫(息子)が原因です。

といっても、直接夫(息子)が何かしたわけではなく「たった1人の最愛の人」を巡って、女同士の火花を散らしているだけなのです。

これは、息子が何人いても変わりはありません。

勝手に取り合いをされる夫(息子)にしてみれば迷惑な話ですが、それも全ては愛情のなせる技。

嫁は夫が母親にいい顔をするのが気に入らないし、姑は息子が嫁の言いなりになっているのが気に入らないといった感じで、何もトラブルがなくても、とにかくお互いが目障りなのです。

決定的な溝を作らないためにできること

shutterstock_177659237

仲が良くないとはいっても、表面上は穏やかに交際できていればそれほど問題はありません。

同居しているならともかく、別居なら盆や正月の挨拶だけで済ませることだってできますよね。

ほんの数時間~数日の付き合いならば、お互いにニコニコ笑っていられます。

しかし、何か決定的なトラブルが起きて、永遠に埋まることのない溝ができてしまっては手遅れです。

お互いに意地を張って、冠婚葬祭すら顔を出さないなんてことも決して珍しい話ではありません。

こうなると、夫(息子)も非常に辛い思いをすることになりますよね。

このような悲劇を防ぐためには、どんな小さなことでもうやむやにしないことが大切です。

仲の良くない相手と話をするのは億劫かもしれませんが、問題を見て見ぬふりをすればするほど、心の中の不満は大きくなっていきます。

とはいえ、姑側が嫁相手に折れるのも難しいでしょうから、ここは嫁が相手を立てて下手に出ましょう。

いきなり不満をぶつけるのではなく「ちょっと、相談したいことがあるんですけど……」と切り出すとうまくいきますよ。

同居を成功させるためのポイント

shutterstock_125020904

嫁と姑が一つ屋根の下で暮らす。よほど相性の良い2人でない限り、これほどストレスのかかることもないでしょう。

他人というだけで気を使うのに、夫(息子)も常に一緒という条件が加わって、常にピリピリムードの家庭も少なくありません。

時には、子供(孫)にまでその余波が及んでしまうことも……。

先程「小さな問題もきちんと話し合うことが大切」と説明しましたが、同居の場合はこれに加えて明確なルールを設定しましょう。

たとえば、キッチンの使い方や掃除の仕方、お互いのプライバシーの確保など、考えつく限りのことについて最初に話し合っておくのです。

「義理とはいえ、親子なのにルールなんて」と楽観視している人ほど、後から後悔しています。縁あって家族になったからこそ、トラブルで悲しい思いをしないよう、細かい部分まで話し合うことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい