家事があるのに体が動かない!家事をする気になれない時の対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦にとって、毎日の家事はどうしてもやらなくてはならないこと。

お手伝いさんを雇える余裕があれば良いですが、自分でやるしかない場合は途方に暮れてしまうこともありますよね。

なぜなら、心や体の疲れ、モチベーションは、日々変動するものだからです。

生きている以上、体が動かない時はあって当たり前なので「家事ができない自分は怠け者」なんて思う必要はありません。

上手な対処法を知り、マイペースで乗り切りましょう。

スポンサーリンク

どうして体が動かなくなるの?

shutterstock_268717646

「前日にとても忙しくしていたので、疲れてしまった」というように、体が動かない明確な理由がある場合はともかく、特に普段と変わらない生活をしているにも関わらず、急に家事をする気が起きなくなると戸惑ってしまいますよね。

真面目な人ほど、そんな自分を責めてしまいます。

しかし、この「真面目」という部分が、実は体が動かなくなる原因です。

何事もきっちりやらないと気が済まない人は、毎日の家事にも全力投球。

その他に、仕事や子供に関する用事などもこなしていかなくてはならないので気の休まる時がなく、肉体的疲労に加えて精神的疲労が蓄積し、やがて限界を迎えてしまうのですね。

ですから、いつもはきちんと家事をしている人が急に動けなくなるのは、甘えでもなんでもなく、体からの「少しは休んで!」というSOSなのです。

まずは、このことを家族にもきちんと理解してもらいましょう。

家事に手を抜いたぐらいで家庭は揺るがない

shutterstock_338542685

真面目な性格の主婦が最も気にするのは、自分が動けなくなることによって家庭が機能しなくなることです。

確かに、普段何もかも妻任せにしている夫は洗濯機の使い方を知らないかもしれないし、いつもお母さんに朝食を作ってもらっている子供は目玉焼きも作れないかもしれません。

そんな姿を見ていると、実にハラハラすることでしょう。

でも、家事というものは続けていれば必ずできるようになります。

洗濯機が使えなければ説明書を読めば理解できるし、目玉焼きのような簡単な料理は一度教えれば作れるようになります。

お母さんも、体は動かなくても口で教えるぐらいならできるかもしれません。

そうやって、自分がピンチの時は家族に助けてもらいましょう。

ここで無理をしてしまうと、心が悲鳴をあげて本格的なうつ状態に陥ることにもなりかねません。

そうなると、かえってもっと家族に負担を強いることになりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい