歯周病や口臭は大丈夫?年齢とともに増えるお口のトラブル解決法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30歳を過ぎると、若い頃は気にならなかった体の不調がいろいろ出てきます。

お口に関しても、歯周病、口臭など、なにかと悩む機会が増えるでしょう。

これらの症状は知らない間に進行している場合が多いので「歯医者さんに行くのは痛む時だけ」という人は要注意!

特に自覚症状がなくても、定期的に診察を受けることが大切です。

スポンサーリンク

成人の約8割がかかっている歯周病

shutterstock_266401091

厚生労働省の調査によると、日本の成人のうち約8割が歯周病に罹患しているということです。

これは驚異的な数字。なぜ、これほどまでに歯周病が蔓延してしまっているのでしょうか?

そもそも歯周病とは、歯と歯茎の間から入り込んだ細菌が「バイオフィルム」と呼ばれる巣を作って炎症を起こし、痛みやかゆみなどの症状がないまま、徐々に歯根を溶かしていくという病気。

つまり、歯磨きさえきちんと出来ていれば、それほど恐れる病気ではないということなのです。

それにも関らず、日本人に歯周病患者が多いのは、欧米諸国に比べて歯への関心が低いということが考えられます。

日本人は虫歯ができてから慌てて歯医者さんに駆け込み、少しぐらいの歯並びの悪さなら放置してしまうことも多いですが、外国の人はたとえ裕福な家庭じゃなくても歯の矯正をするのは当たり前で、歯医者さんにはあくまでも「予防歯科」という概念で通います。

もっとも、これには日本に比べて治療費が高くつくという現実も関係しているのですが……。

日本人が1回あたりの歯磨きにかける時間は、平均で1~3分と言われています。

ハミガキ粉の爽やかな香味のおかげで口の中はスッキリしますが、こんな短い時間ではとても口の中の汚れは落としきれません。

1日1回でもかまわないので5~10分ほどじっくり歯を磨く時間を作り、フロスやデンタルリンスも使って丁寧に汚れを落とすようにしましょう。

歯周病チェックリスト

shutterstock_76657891

歯周病の初期には目立った症状はありませんが、進行するにつれて次のような症状が現れ始めます。

当てはまる人は、念のため歯医者さんで診てもらいましょう。

  1.  歯茎から出血することがある
  2.  口臭が気になる
  3.  歯茎の色が赤黒くなって腫れている
  4.  歯茎が痩せて、歯と歯の間の隙間や歯根が目立ってきた
  5.  冷たいものが歯にしみる
  6.  口の中がネバネバする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい