• 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
髪のパサつきやうねりの原因は?パサつき髪・うねり髪は改善できる?

女性の髪の悩みは多々ありますが、髪のパサつきや髪のうねりも悩みの一つです。

毎日のシャンプーやブラッシング、ブロウ、パーマ、カラーリングなど、髪をパサつかせる原因などもいろいろありますが、年齢を重ねて髪質が変わるのも大きな理由の一つです。

個人差はあるものの、30歳を過ぎるとほとんどの人になんらかの変化が現れるといわれていますね。

急に髪が扱いづらくなるので困ってしまいますが、適切なケアによって状態を良くすることは十分に可能です。

そのための詳しい方法をご紹介するので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

30歳を過ぎると髪質が変化する理由

shutterstock_159442436

髪のパサつき

髪がパサつくようになるのは、頭皮の皮脂量がだんだん減っていくからです。

若い頃は十分な量の皮脂が分泌されているので髪に水分を閉じ込める力も強いのですが、30歳を過ぎるとこの働きが弱くなり、適正な水分量が保てなくなってしまいます。

いわば、バリア機能が低下した状態ですね。

髪のうねり

適度なストレスはモチベーション維持のためにもあったほうが良いのですが、強すぎるストレスは血管を収縮させ、血行不良を引き起こします。

そうなると、血液に乗って運ばれるはずの栄養が毛母細胞に行き届かないので、髪の質が悪くなってしまうのです。

髪質改善のための効果的なケア方法

shutterstock_88252867

30歳からのうねり・パサつき対策は、高価なシャンプーやトリートメントを使っても解決しません。

もちろん、何もしないよりは髪が扱いやすくなりますが、根本的な原因にアプローチしているわけではないので、そこを改善しない限り、いつまでも同じ悩みを抱え続けることになるでしょう。

髪質を変えるためには、まず生活習慣やケア方法を見直すことが大切!

ストレスの少ない規則正しい生活が送れるようになれば、健康な髪を取り戻せる可能性が高くなります。

食事

髪の主成分は「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質。肉や卵、大豆製品などをしっかり食べて、不足しないようにしましょう。

また、ビタミンやミネラルもぜひ摂っていただきたい栄養素です。これらはたんぱく質が髪の成分となるのを助けたり、血行を促したりして、質の良い髪を作るサポートをします。

一般的に栄養素は単体で働くことが難しいので、バランスの良い献立を考えたいですね。

パーマやカラーリングを控える

早い人では30代から白髪が生えてきますが、これを隠そうとして刺激の強いカラーリングを繰り返すと、頭皮がダメージを受けて健康な髪が生えにくくなります。

髪の状態が良くなるまでは白髪用シャンプーやヘアマニキュアなどを利用し、ヘアカラーは極力控えるようにしましょう。

また、パーマ液も髪へのダメージが大きく、キレイになるつもりがかえってパサパサでまとまらなくなる可能性があります。

できるだけかけないほうが良いですが、どうしても必要なら必ずトリートメントをするようにしてください。

パーマ用のものを選ぶと、水分が保持しやすくパーマもとれにくいですよ。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
女性の悩みの関連記事
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • 女性の疑問
    乳首のお手入れどうしてる?正しいケアで大切な乳首を守りましょう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 女性の疑問
    乳首も保湿が大事・・簡単にできる保湿方法や乳首のケアとは?
  • 巷の噂はあくまでも噂である!乳首にオロナインを塗るとどうなるの?
  • 女性の疑問
    様々な胸の症状・・「かゆい」「痛い」など、そんな時に効く塗り薬
おすすめの記事