髪のパサつきやうねりの原因は?パサつき髪・うねり髪は改善できる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の髪の悩みは多々ありますが、髪のパサつきや髪のうねりも悩みの一つです。

毎日のシャンプーやブラッシング、ブロウ、パーマ、カラーリングなど、髪をパサつかせる原因などもいろいろありますが、年齢を重ねて髪質が変わるのも大きな理由の一つです。

個人差はあるものの、30歳を過ぎるとほとんどの人になんらかの変化が現れるといわれていますね。

急に髪が扱いづらくなるので困ってしまいますが、適切なケアによって状態を良くすることは十分に可能です。

そのための詳しい方法をご紹介するので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

30歳を過ぎると髪質が変化する理由

shutterstock_159442436

髪のパサつき

髪がパサつくようになるのは、頭皮の皮脂量がだんだん減っていくからです。

若い頃は十分な量の皮脂が分泌されているので髪に水分を閉じ込める力も強いのですが、30歳を過ぎるとこの働きが弱くなり、適正な水分量が保てなくなってしまいます。

いわば、バリア機能が低下した状態ですね。

髪のうねり

適度なストレスはモチベーション維持のためにもあったほうが良いのですが、強すぎるストレスは血管を収縮させ、血行不良を引き起こします。

そうなると、血液に乗って運ばれるはずの栄養が毛母細胞に行き届かないので、髪の質が悪くなってしまうのです。

髪質改善のための効果的なケア方法

shutterstock_88252867

30歳からのうねり・パサつき対策は、高価なシャンプーやトリートメントを使っても解決しません。

もちろん、何もしないよりは髪が扱いやすくなりますが、根本的な原因にアプローチしているわけではないので、そこを改善しない限り、いつまでも同じ悩みを抱え続けることになるでしょう。

髪質を変えるためには、まず生活習慣やケア方法を見直すことが大切!

ストレスの少ない規則正しい生活が送れるようになれば、健康な髪を取り戻せる可能性が高くなります。

食事

髪の主成分は「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質。肉や卵、大豆製品などをしっかり食べて、不足しないようにしましょう。

また、ビタミンやミネラルもぜひ摂っていただきたい栄養素です。これらはたんぱく質が髪の成分となるのを助けたり、血行を促したりして、質の良い髪を作るサポートをします。

一般的に栄養素は単体で働くことが難しいので、バランスの良い献立を考えたいですね。

パーマやカラーリングを控える

早い人では30代から白髪が生えてきますが、これを隠そうとして刺激の強いカラーリングを繰り返すと、頭皮がダメージを受けて健康な髪が生えにくくなります。

髪の状態が良くなるまでは白髪用シャンプーやヘアマニキュアなどを利用し、ヘアカラーは極力控えるようにしましょう。

また、パーマ液も髪へのダメージが大きく、キレイになるつもりがかえってパサパサでまとまらなくなる可能性があります。

できるだけかけないほうが良いですが、どうしても必要なら必ずトリートメントをするようにしてください。

パーマ用のものを選ぶと、水分が保持しやすくパーマもとれにくいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい