老眼?目の病気?更年期に目が見えにくい症状が出たら要注意!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40歳を過ぎ、更年期が近づいてくると、視力には問題がないはずなのに、なぜか目が見えにくくなることがあります。

これがもし老眼ならうまく付き合っていくしかないのですが、注意したいのがそこに病気が隠れている場合。

気付かずに放置すると取り返しのつかない事態を招くこともあるので、少しでもおかしいと思ったらすぐに眼科へ行きましょう。

スポンサーリンク

40歳以上の女性に多い目の病気とは?

shutterstock_262783058

緑内障

視神経が徐々に侵され、症状が進むと視野が極端に狭くなる病気です。

急性緑内障と慢性緑内障がありますが、頭痛や吐き気などを伴いながら急激に症状が悪化する急性に比べて慢性の場合はじわじわと進行するため、視野が欠けた部分をもう片方の目がカバーしてしまい、なかなか異常に気付かないことも少なくありません。

このまま放置するとやがて失明につながってしまうので、自覚症状がなくても年に1度は眼科で定期健診を受けることをおすすめします。

白内障

物がかすんで見えたり、極端にまぶしいと感じたりする場合は、白内障にかかっている可能性があります。

これは水晶体が白く濁ることで外から集めた光をうまく眼底に届けることができないというもので、症状が進むと視力の低下につながるので注意が必要です。

加齢だけでなく、紫外線による活性酸素の発生が原因となる場合も多いので、外に出る機会の多い人は特に気をつけてください。

加齢黄斑変性

私たちが物を見る時は、外から入ってきた光を網膜で受け取り、そこから脳に信号を送る仕組みになっています。

この網膜の中心部分を「黄斑(おうはん)」と呼びますが、加齢とともに機能が低下するとうまく働くことができなくなり、視野の一部分が見えづらくなったり、視界が歪んだりする過程を経て、やがて失明に至ります。

それまで特に目に問題がなく、視力が良かった人が突然発症する例も多いので、見え方に違和感を感じた時には迷わず眼科へかかってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい