住宅選びは持ち家でローン?賃貸で家賃払い?上手な物件の選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚して子供が生まれると、気になるのが住宅をどうするかということ。

親から受け継ぐ資産があったり、一生家賃を払い続けても困らないだけの収入があったりすれば別ですが、たいていの場合「買うか、借りるか」「購入の場合はどんな物件を選ぶか」といったことで悩むのではないでしょうか。

どちらにしろ多額の費用が必要なので、簡単に決められる問題ではありませんよね。

そこで、賢く住宅を選ぶためのポイントをリサーチしてみました。ご家族との幸せな未来のために役立てていただけると幸いです。

スポンサーリンク

持ち家と賃貸、一生に払う金額は変わらないって本当?

shutterstock_200541347

この問題については、家の値段や立地条件、築年数などによっても変わってくるので、一概に「こうである」とは言い切れません。

たとえば、築20年の中古の一戸建てを980万円で買った人がいるとしましょう。

頭金を500万円入れて残りをローンにしたので、家賃8万円の賃貸に住んでいた頃より生活はずいぶんと楽になりました。

お金に余裕ができたことで子供の教育費もしっかり貯めることができ、無事に大学を卒業して就職し、今は一人暮らしをしています。

と、ここまでは非常に順調で、なにひとつ無駄が見当たりません。

しかし、築年数が30年を過ぎる頃から、家の購入時にリフォームした箇所も含めて、あちこち修繕する必要が出てきたのです。

ほとんど手を入れずにいた屋根の傷み具合が特にひどく、複数の業者に見積もりをとったところ、なんと屋根だけで数百万円のリフォーム代が必要だと判明しました。

もしこれが賃貸なら、住み心地が悪くなれば他の物件に引っ越すことができます。

かかる費用は引っ越し代と退去する部屋の修繕費、そして新しく入る部屋の礼金や敷金のみ。

月々の家賃はかかっても、自分の家の修繕に何百万もかけることを思えば安いものです。

大家さんが不具合を修繕してくれれば、引っ越しをする必要すらありませんよね。

このように、持ち家には「ローンを払い終えれば自分のものになる」というメリットだけでなく「修繕費はすべて自分持ち」というデメリットがついて回ります。

一方、賃貸には「収入に関係なく毎月家賃を納めなければならない」というリスクが。

資産状況も考慮して、どちらを選ぶかは慎重に決めましょう。

上手な物件の選び方

shutterstock_103885106

購入、賃貸どちらの場合でも、長く快適に住まうためには次の条件が欠かせません。

  • 駅から近い、もしくは自宅や周辺に駐車場が確保できる
  • 近くにスーパーや病院など、生活に欠かせない施設がある
  • 子供の学校が無理なく通える距離にある
  • 治安が良い
  • コンセントや部屋の数が足りている
  • 毎月のローンや家賃は無理なく払える範囲に収まっている
    (マンションの場合は、ローン完済後も修繕積立金などが払えるかどうか)
  • 耐震基準をきちんと満たしている
  • 欠陥住宅ではない

他にも細かいことをいろいろと挙げればキリがありませんが、だいたいこのようなポイントを満たしていれば快適に生活することができます。

ご近所さんとの関係も重要なので、契約前に周辺を歩いてみたり、実際にそこに住んでいる人に話を聞いてみたりすると良いですね。

ライフスタイルも考慮して住宅を選ぼう!

shutterstock_250305025

転勤の多い家庭の場合、一戸建てやマンションを購入してしまうと簡単に引っ越せなくなります。

おそらく単身赴任をする、自宅を賃貸に出すの二択になると思いますが、どちらにしても負担が大きいですね。

ある程度年齢を重ねて転勤の可能性がなくなるまでは、その都度賃貸を住み替えるほうが合理的です。

一方、子供がいる家庭は集合住宅だと周りに迷惑をかける機会も多いので、一戸建てを購入したほうがのびのびと育ててあげることができるというメリットが。

このように、その人のライフスタイルによっても「持ち家か」「賃貸か」というのは違ってきます。今だけでなく、将来に渡る長いスパンで考え、後悔のない選択をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい