• 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
若いころと同じコスメはNG!40代の肌に合った化粧品の選び方

「20代~30代の頃は問題なく使えていたのに、40歳を過ぎた頃からいつもの化粧品が合わなくなってきた」多くの人が実感している悩みだと思いますが、これは年齢を重ねることによって肌の質が変わることが原因です。

トラブルが発生しやすくなっているのに、今までと同じ化粧品を使っていては症状が悪化するばかり。

今の自分に合ったものを正しく選び、適切なケアを行いましょう。

スポンサーリンク

40代に必要な化粧品の特徴

shutterstock_87688333

<保湿力>

40歳を過ぎると、肌のバリア機能が低下して水分や油分をつかまえておくことができず、乾燥しやすい状態になります。

そのため、まだ肌がみずみずしかった頃の化粧品をどれだけ大量に使っても、水分をきちんと浸透させることができず、乾燥が進んでしまうのです。

この状態を打破するためには「セラミド」や「コラーゲン」「ヒアルロン酸」など、保湿成分を配合した化粧水や乳液を使うことが必要。

手にとって少し温めてから顔につけ、ハンドプレスでしっかりなじませましょう。

<美白力>

40歳を過ぎるとターンオーバーの周期が長くなり、今まではスムーズに排出できていたメラニンが肌の奥に残ってしまい、シミやソバカスとなって現れやすくなります。

このまま放置していると症状はどんどん悪化するので、早めの美白ケアでメラニンを追い出してしまいましょう。

美白に有効なのは「ビタミンC誘導体」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」「コウジ酸」「アルブチン」などの美容成分。

これらの成分が配合されている化粧品を毎日使い、メラニンが蓄積されにくく、排出されやすい状態へ整えていきましょう。

日焼け止めも、紫外線の強い季節だけでなく、1年を通して使うようにしてくださいね。

美白ケアを半年以上続けても効果が出ない時は、皮膚科で相談するのも一つの方法です。

「ケミカルピーリング」や「レーザー」による治療の他、非常に強力な漂白作用を持つ「ハイドロキノン」などのクリームも処方してもらえますよ。

ただし、保険が使えないので治療費は高めです。

<リフトアップ力>

肌に水分を保持する力が弱まると、重力に逆らって支えていたものがなくなってシワやたるみができやすくなります。

一度下がってしまったお肉や、刻まれたシワを改善するのは決して簡単なことではありませんが、コラーゲンの生成を促してあげることで肌内部から弾力を取り戻すサポートができるので、あきらめないでお手入れしていきましょう。

コラーゲンの生成を助けてくれるのは「ビタミンC」と呼ばれる成分です。

ただし、ビタミンCはそのままでは非常に吸収されにくい栄養素なので「ビタミンC誘導体」と呼ばれる形に変化させたものであることが重要。

化粧品を選ぶ際は、この点にも注意して購入するようにしましょう。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは
  • 背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは
  • 油断大敵!背中のお肉に要注意!正しい背中ダイエットできれいに痩せる
  • 肌悩みが減っちゃうかも!?美容大国・韓国で大ブーム「卵白美容」でツルツル肌に
おすすめの記事