• 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
子宮筋腫の放置はNG!30歳以上の女性に多い子宮筋腫ってどんな病気?

「子宮筋腫」とは、女性ホルモンの作用によって大きくなる良性腫瘍のことです。

30歳以上の女性の20~30%にみられるほどポピュラーなもので、人によっては20代で見つかることもありますが、はっきりした原因は今のところ不明。

ただ、生理が始まる前や閉経後の女性にはほとんどみられないことから「性ステロイドホルモン」が関係しているのではないかという説が有力です。

誰にでも起こり得る体の異変なので、手術や治療に備え保険に入っておくと、いざという時に大きな支えとなってくれますよ。

子宮筋腫を放置してはいけない理由

shutterstock_154855127

子宮筋腫は命を脅かすものではないので、放置していても問題ないだろうと思われることが少なくありません。

しかし、何の手立ても講じないまま放っておくと最終的には10㎏ほどの塊になり、子宮を圧迫して不正出血や不妊の原因になるので注意が必要です。

子宮筋腫が内側にできている場合は「生理時の出血が多くなる」「生理痛がひどくなる」「頻尿」「便秘」「腰痛」といった症状も現れやすいのですが、外側にできた場合はかなり大きくなるまで自覚症状は出てきません。

病院で超音波検査などをするとすぐに分かるので、30歳を過ぎたら定期的に診察を受けるようにしましょう。

関連キーワード
  • 更年期の年齢には注意しておこう!脳梗塞のリスクを軽減する方法
  • 女性の髪の悩み‥更年期が原因?円形脱毛症になってしまったら
  • 子宮にポリープが!子宮がん?それとも更年期障害と関係がある?
  • パニック障害の症状?更年期のパニック障害‥どのような対応を?
  • メニエール病と更年期障害の混同は互いの「治癒」を遅らせる?
  • 胸が張って痛い!更年期障害による痛み?乳ガンの可能性も考えて
おすすめの記事