子宮筋腫の放置はNG!30歳以上の女性に多い子宮筋腫ってどんな病気?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「子宮筋腫」とは、女性ホルモンの作用によって大きくなる良性腫瘍のことです。

30歳以上の女性の20~30%にみられるほどポピュラーなもので、人によっては20代で見つかることもありますが、はっきりした原因は今のところ不明。

ただ、生理が始まる前や閉経後の女性にはほとんどみられないことから「性ステロイドホルモン」が関係しているのではないかという説が有力です。

誰にでも起こり得る病気なので、手術や治療に備え保険に入っておくと、いざという時に大きな支えとなってくれますよ。

スポンサーリンク

子宮筋腫を放置してはいけない理由

shutterstock_154855127

子宮筋腫は命を脅かすものではないので、放置していても問題ないだろうと思われることが少なくありません。

しかし、何の手立ても講じないまま放っておくと最終的には10㎏ほどの塊になり、子宮を圧迫して不正出血や不妊の原因になるので注意が必要です。

子宮筋腫が内側にできている場合は「生理時の出血が多くなる」「生理痛がひどくなる」「頻尿」「便秘」「腰痛」といった症状も現れやすいのですが、外側にできた場合はかなり大きくなるまで自覚症状は出てきません。

病院で超音波検査などをするとすぐに分かるので、30歳を過ぎたら定期的に診察を受けるようにしましょう。