読書をする人は“人生における幸せ度”が高い?その意外な理由とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、本を読んでいますか?

「仕事に家事に子育て、毎日忙しくてとてもじゃないけどそんな余裕ないよ!」という人も多いと思いますが、本を読まずにいるといろいろ損をしてしまうことが多くなるかも……。

その意外な理由や、読書のための時間の作り方などについてご説明します。

スポンサーリンク

本を読むことの効能

shutterstock_55857208

<ダイエット効果がある>

一見、本を読むことと体型には何の関係もないように思えますが、実は文章を理解しようと脳をフル回転させることで、かなりのカロリーを消費しているのです。

さらに、本の内容が「ダイエット」「美容」関連であれば美しくなるための情報を得ながら痩せることができて一石二鳥。

まずは、憧れの芸能人のエッセイから手を出してみるのはいかが?

<人の気持ちが分かるようになる>

本の中に書かれていることは、そのどれもが作者やその周りの人が実際に体験したことばかり。

フィクションであっても、全くなんの下地もないところから話を作ることはできないので、やはりなんらかの実体験が生かされているのです。

ですから、本の中の登場人物の心情を描いた文章を読むことによって、他人の考えていることが理解できるようになります。

気になる部分は何度でも読み返すことが可能なので、周りの人に当てはめてじっくり考えてみましょう。

子育てに関する本であれば、子供の本当の気持ちが分かるようになってコミュニケーションがスムーズにとれるようになりますよ。

<発想力が豊かになる>

本の中には、自分では想像もつかないようなアイディアがあふれかえっています。

いろいろなジャンルのものをどんどん読み進めていくうちに「こんな考え方もあるんだ」といくつもの発見に出会えることでしょう。

そしてそれは、そのまま仕事や家事、子育てに生かすことができます。

今まで「大変だ」「どうすることもできない」と壁にぶつかってしまっていたことが、本の中の知恵を借りれば難なくクリアできることも多いので、興味を惹かれたものがあれば片っ端から手にとってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい