• 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
「ありのまま」と「自然体」の違いは?本物のナチュラル美人を目指す方法

子供が幼稚園や保育園、学校に通うようになると、いろいろなタイプのママと知り合いになる機会が増えますよね。

性格もいろいろなら、ルックスもいろいろ。

見るからにお金をかけてお手入れしている人もいれば、ほとんど身なりに構わない人までいて、ふと「自分は他のママからどう見られているのだろう?」と気になってしまいます。

気を付けたいのが「私は自然体でいたいから、メイクもしないしおしゃれにも気を使わない」という人。

自分ではナチュラルにしているつもりでも、他人から見れば「女を捨ててる痛い人」になってしまっているかもしれませんよ!

スポンサーリンク

すっぴんは女性を老けさせる

shutterstock_240492979

自称ナチュラル美人が陥りがちなのが「素肌の美しさに自信があるからメイクはしない」という思い込みです。

確かに、スキンケアの行き届いた透明感のあるお肌はそのままでも十分に美しいのかもしれませんが、なんのメイクも施していない状態ではどうしても老けて見えてしまうのです。

すっぴんが外で通用するのは、遅くとも20代前半まで。

30歳を過ぎたら、すっぴん=手抜きとしか思われない現実を知っておきましょう。

洋服は年齢を重ねるほど良いものを身に着ける

shutterstock_128345609

30~50代の女性は、子供の教育費や住宅ローンなどの支払いに追われ「自分のものを買うのは後回し!」となってしまうことも少なくありません。

そのため、洋服も近所の安売り量販店や通販で適当に選んだものばかりになりがちで、似合っていないものを無理に身に着けている場合が多いのです。

もちろん、値段が安い洋服でも、ちゃんとお手入れがされていて自分に似合っていれば問題はありません。

そうではなく、毛玉がたくさんついているのをそのままにしていたり、安かったからといって自分らしくないデザインのものを選んだりしている場合は、まず間違いなくキレイには見えないでしょう。

年齢を重ねるとどうしても見た目が老けてきますが、それをカバーしてくれるのが洋服です。

たまには夫に子供を預けてショッピングの時間を作り、好みのお店を1軒ずつ回ってじっくり選んでみましょう。

仕立ての良い上質な洋服なら、初期投資にはお金がかかっても長く着られるので結局はお得です。

また、値段の安さが売りのお店で選ぶ場合は、最初に値札を見てしまうのではなく、デザインが気に入るものを手に取るようにしましょう。

自分では気づかなくても、似合っていない洋服を、身に着けているとどんどんオンナとしての輝きや自信が薄れていくので、どんなものを選ぶかは非常に重要です。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは
  • 背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは
  • 油断大敵!背中のお肉に要注意!正しい背中ダイエットできれいに痩せる
  • 肌悩みが減っちゃうかも!?美容大国・韓国で大ブーム「卵白美容」でツルツル肌に
おすすめの記事