今年もやってくる実家への帰省!夫の実家でうまく乗り切るコツとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末が近づいてくると、頭をよぎるのは実家への帰省。

特に嫁は夫の実家を尊重しなくてはならないという暗黙の了解があるので、何かと気を遣うことになりますよね。

近所ならちょっと顔を出して挨拶を済ませることができるけれど、遠方の場合は泊りがけということも……

波風を立てず、うまく乗り切るためには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

スポンサーリンク

相手に合わせすぎない

shutterstock_125020904

義父母にとっては「息子や孫に会えてうれしい年末」でも、一人だけアウェイな嫁にはただ気が重いだけ。

ただでさえ気詰まりなのに、その上何日も続けて滞在するなんてことになれば疲れ果ててしまいます。

せっかくの冬休みなのに、義父母に気を使って終わりなんて悲しすぎますよね。

年末やお正月に夫の実家を訪問することは嫁としての大事な仕事の一つですが、日程まで相手の希望に合わせすぎる必要はありません。

「お正月は家族だけでゆっくりしたい」というのであれば大みそかに顔を出せば良いし、家が遠いからといって必ずしも泊まる必要はないのです。

夫の口から言ってもらえば角も立ちにくいので、自分が許容できる範囲でご挨拶に伺いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい