授乳中や授乳後の乳首のチクチクとした痛み!その原因とケア方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

授乳中の女性の大半が、乳首になにかしらトラブルを抱えているもの。

かゆみや、チクチクとした痛み、ツーンとした痛みなどその症状は人それぞれ。

「何か病気かも?」と思う、その症状の原因と対処方法をお教えします。

スポンサーリンク

授乳後の「チクチク」とした痛みは、なぜ起こる?

shutterstock_189984236

授乳中に感じる痛みは、両胸であったり、片胸だけが痛んだり人それぞれ。

中には背中まで響くような痛みを感じる方も。

その原因は何が考えられるのでしょうか?母乳が作られている時に起こる、自然的な痛み

チクチクとした痛み、またツーンとした痛みの後に、母乳が滴ってくることはありませんか?

その場合には、胸で母乳が作られている証。

筋肉が引っ張られるような場合にも、同じ要因が考えられます。

特に心配することはないでしょう。

赤ちゃんのくわえ方が浅い

授乳時に、乳首にだけ負担がかかってしまい、乳首に傷ができてしまう場合があります。

特に、添い寝をしながらの授乳が日課になってしまっている場合には、こうした乳首への負担が大きくなるといわれています。

軽い「乳腺炎」

乳腺炎とは、傷ついた乳首から雑菌などが入り込み、乳腺が炎症を起こしてしまう病気です。

最初はチクチクとした痛みだったのが、次第に胸全体や背中まで響くような痛みになってきた場合には、「乳腺炎」が疑われます。

また、乳腺炎は母乳が乳腺に詰まってしまった場合にも起こります。

対処方法としては、症状が軽い場合には胸全体をマッサージし、母乳が出やすい状態にすることです。

また、食生活も母乳の詰まりの原因と大きく関係しますので、

  • 脂の多い食事を避ける
  • 水分をこまめに取る
  • 血液をサラサラにする良質な脂(背の青い魚に多く含まれます)を積極的に摂る

など、食事面でも日常的から気を配るように心がけましょう。

それでも改善しない、痛みの度合いが重症である、熱が出ている等の場合には、婦人科で検査を受け、適切な処置を施してもらいましょう。

乳腺炎の検査は、主にマンモグラフィーや血液検査などによって行われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい