女性の乳首の色がピンクと黒‥違う理由と特徴!色は変化するってホント?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性であれば、乳首の色はお肌の悩みと共に気になることのひとつですよね。

乳首が黒いと「遊んでいる」と、異性から見られることもありますが、原因は決してそれだけではなさそうです。

憧れの「ピンク色の乳首」の女性の特徴はどんなものがあるのでしょうか。

また、現在黒ずみで悩んでいる方もピンク色に変化する?

今回は乳首の色について、紹介していきます。

スポンサーリンク

乳首の色の違いの理由

shutterstock_310526402

生まれつきのメラニン色素の量

肌が白い人がいれば、濃い人もいるように、乳首の色も生まれつき人それぞれです。

特に、肌の色が濃い人は乳首の色も濃い人が多いようです。

摩擦による刺激によるもの

普段身に着けている下着の摩擦によっても、乳首の色が変化します。

特に化学物質など肌刺激の強い素材を使った下着や、自身のサイズに合っていない下着を身に着けている場合には摩擦などによって乳首が黒ずんでくることがあります。

こうした場合には、
・下着のサイズはきちんと測ってもらい、自分に合ったサイズのものを選ぶ
・下着の素材を自然由来のもの(木綿など)のものに変えてみる

など、少し気をつけることで黒ずみを軽減する場合がありますよ。

紫外線によるメラニン色素の増加

普段、乳首は直接紫外線にさらさられることはありませんが、紫外線は洋服の素材を通して入り込んできます。

特に夏場、下着の上に薄手のシャツを1枚だけ着ている場合には、強い紫外線は衣服のガードを通り抜けてわずかではありますが、肌にも届いているのです。

ですから、気になる場合には日焼けどめ対策を全身にすることです。

とはいえ、毎日身体全身に日焼け止めを塗るのは大変で、かつお肌にもあまりよくありません。

最近では、飲むタイプの紫外線対策のサプリメントなどもありますので、こうしたものを活用するのもひとつの手段です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい