• 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
30歳以降の肌にできる“大人ニキビ”!どうすれば予防&改善できる?

ニキビというと10代の若い子にできるイメージがありますが、実は30歳以上の大人にも「大人ニキビ」と呼ばれるものができるのです。

その背景には大人ならではの複雑な事情が絡んでおり、治ってもまたすぐに再発するケースもちらほら……。

Tゾーンの皮脂が原因だった10代のニキビとは根本的に違っているのですね。

どのようにすれば、予防や改善ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

大人ニキビの主な原因

大人ニキビを効果的に予防するため、まず主な原因について知っておきましょう。

どれも生活に密着したものばかりなので、どこか思い当たる節があるかもしれませんよ!

<食生活>

仕事が忙しくて食事をいい加減に済ませていると、肌の生まれ変わりに必要なビタミンやミネラルが不足してしまいます。

また、脂肪の多い肉類やスナック菓子、甘いスイーツなどをよく食べていると皮脂分泌が過剰になり、毛穴が詰まりやすくなるので気を付けましょう。

 

<睡眠不足>

夜しっかり眠っていると、ターンオーバーを促す「成長ホルモン」が出やすくなります。

睡眠不足の人はターンオーバーのサイクルが乱れ、古い角質や老廃物などが肌に残りやすくなるので毛穴も詰まりがち。

さらに交感神経が優位になって男性ホルモンが過剰に分泌されるので、皮脂も出やすくなります。

 

<ストレス>

通常の状態であれば、皮脂分泌を抑える女性ホルモンと、皮脂を分泌させる男性ホルモンのバランスがうまく取れていますが、強いストレスに晒され続けるとこのバランスが崩れ、ニキビができやすくなります。

日常的に疲労やイライラ、不安感の強い人は要注意です!

 

<脱毛による刺激>

顔に産毛があると顔色が悪く見えるし、メイクもうまく乗らないので、今時の女性にとって産毛処理は常識です。

しかし、顔の皮膚は薄いので脱毛による刺激を受けやすく、肌表面が傷ついたり乾燥したりして、雑菌や汚れが入り込みやすい状態を作り出してしまいます。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは
  • 背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは
  • 油断大敵!背中のお肉に要注意!正しい背中ダイエットできれいに痩せる
  • 肌悩みが減っちゃうかも!?美容大国・韓国で大ブーム「卵白美容」でツルツル肌に
おすすめの記事