• 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
トラブルは避けたい!子供の担任の先生と上手にお付き合いするコツとは?

子供が園や学校に通うようになると、担任の先生とのお付き合いが始まりますよね。

たまたま相性の良い先生なら問題はありませんが、どうしても反りの合わない方だと、親子ともに1年間苦労しっぱなしなんてことも珍しくありません。

しかし、子供にとって担任の先生の存在は非常に大きいものなので、親が感情的になってしまうと、結局学校で辛い思いをさせてしまうことになるかも……。

かといって、理不尽なやり方を黙って見ているのにも限界がありますよね。

どのようにすれば、うまくお付き合いしていけるのでしょうか?

スポンサーリンク

個人的な感情は表に出さない

「特定の生徒をえこひいきする。うちの子も頑張っているのに」「宿題の出し方が気に入らない」「頼りなくてイライラする」担任の先生に関する噂話では、よくこういった不満を耳にします。

そのため、家庭訪問や個人懇談の時につい嫌な態度をとってしまったり、学校に怒鳴り込んだりしてしまう人もいますが、こんなことをしてもお互いに嫌な思いをするだけで何の解決にもならないので、個人的な感情は出さないようにしましょう。

どうしても言いたいことがある時は、できれば手紙で先生に伝えるのがおすすめ。

電話は相手の顔が見えないので誤解を生みやすいし、直接話し合うのは感情が昂ってしまう可能性があります。

その点、手紙なら何度も書き直しができるし、文字を書いているうちに頭の中が整理されて冷静になるので、気持ちが正確に伝わりやすいのです。

お互いにできるだけ良い関係を築いて、一緒に子供の成長を見守りたいですね。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 更年期のミスが人生を変える!?更年期障害の症状がミスを招くことも
  • 更年期障害に絶対に負けない!更年期に負けずにポジティブに過ごすには
  • どうしてる?更年期の夫婦生活~更年期障害で夫婦の絆が試される
  • 30歳を過ぎたら考えたい!30代の自分にぴったりな下着の選び方
  • 仕事はコツが分かれば大丈夫!仕事を覚えるために実践したいこと
  • お金はないけど癒される?年下彼氏との恋愛におけるメリット・デメリット
おすすめの記事