トラブルは避けたい!子供の担任の先生と上手にお付き合いするコツとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が園や学校に通うようになると、担任の先生とのお付き合いが始まりますよね。

たまたま相性の良い先生なら問題はありませんが、どうしても反りの合わない方だと、親子ともに1年間苦労しっぱなしなんてことも珍しくありません。

しかし、子供にとって担任の先生の存在は非常に大きいものなので、親が感情的になってしまうと、結局学校で辛い思いをさせてしまうことになるかも……。

かといって、理不尽なやり方を黙って見ているのにも限界がありますよね。

どのようにすれば、うまくお付き合いしていけるのでしょうか?

スポンサーリンク

個人的な感情は表に出さない

「特定の生徒をえこひいきする。うちの子も頑張っているのに」「宿題の出し方が気に入らない」「頼りなくてイライラする」担任の先生に関する噂話では、よくこういった不満を耳にします。

そのため、家庭訪問や個人懇談の時につい嫌な態度をとってしまったり、学校に怒鳴り込んだりしてしまう人もいますが、こんなことをしてもお互いに嫌な思いをするだけで何の解決にもならないので、個人的な感情は出さないようにしましょう。

どうしても言いたいことがある時は、できれば手紙で先生に伝えるのがおすすめ。

電話は相手の顔が見えないので誤解を生みやすいし、直接話し合うのは感情が昂ってしまう可能性があります。

その点、手紙なら何度も書き直しができるし、文字を書いているうちに頭の中が整理されて冷静になるので、気持ちが正確に伝わりやすいのです。

お互いにできるだけ良い関係を築いて、一緒に子供の成長を見守りたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい