おいしく飲めて美容・健康効果も!アフリカ生まれのルイボスティー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「きれいになりたい」「体の不調をなんとかしたい」多くの女性が、日々こうして悩んでいます。

しかし、忙しい毎日の中で自分を労わる余裕もなく、ふと気づけば肌荒れやシワ、原因不明の体調不良に翻弄される日々……けっこう辛いですよね。

そんな時、飲むだけで美容や健康に役立つお茶があったら便利だと思いませんか?

「肌がきれいになった!」「冷え性が治った!」など、たくさんの喜びの声が上がっている奇跡のお茶・ルイボスティーについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

ルイボスティーってどんなお茶?

shutterstock_61259497

ルイボスティーは、アフリカのごく一部、限られた土地でしか育たない植物です。

ルイボスは現地の言葉で「赤い茂み」という意味で、その名の通り、お湯で煮出すと鮮やかな赤色のお茶になってとてもきれい。

見た目でも楽しませてくれます。

南アフリカでは昔から「奇跡のお茶」と呼ばれて珍重され、美と健康を守るため、日常的に飲まれていました。

さすがに「不老長寿」とまではいきませんが、ルイボスティーには活性酸素を抑えるSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)と呼ばれる酵素がたっぷり含まれているので、アンチエイジングには効果的なのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい