乳首から分泌物が‥膿?白色・黄色・血が混じった分泌物は正常?異常?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに見られる、女性の乳首からの分泌物。

白い汁のような分泌液であったり、また、黄色い膿のような分泌物の場合もあります。

かゆみを伴った、こうした「乳首の異常」の影には何か病気が隠されているのでしょうか?

スポンサーリンク

乳首から異物が分泌される、その種類と考えられる病気

乳首から白い分泌液が出る場合

妊娠もしていないのに、乳首から白い分泌液が出る場合には、現在服用している薬の副作用やホルモンバランスの乱れによることが多いです。

重篤な病気の可能性は極めて低いですが、かゆみを伴ったりして耐え切れないようであれば皮膚科、もしくは婦人科を受診すると良いでしょう。

乳首から黄色い分泌物が出る場合

乳房には、片側だけで15本から20本の乳管と呼ばれる繊維が走っています。

乳首から出る分泌液や分泌物の多くは、この「乳管」から分泌されると言われています。

色も透明なものから白色、黄色などさまざまですが、白い分泌物同様にあまり深刻な病気は考えづらいでしょう。

可能性としては、かゆみを伴い黄色い膿のような分泌物が出る場合には「乳腺症」という炎症が考えられます。

これは乳腺が何かしらの原因で詰まり、ニキビが悪化したような状態になります。

乳腺症の場合、マンモグラフィーや血液検査などで悪性(乳がんなど)でないかを調べ、抗生物質によって治療を行うことが多いです。

こうした場合には、できるだけ脂っこい食事を避けて乳首をアルコール消毒するなどして清潔に保つようにしましょう。

それでも症状が改善しない場合には、皮膚科もしくは婦人科を受診するようにしてください。

乳首から膿のような分泌物が出る場合

乳首から膿のような分泌物が出ている場合には、「乳輪下膿瘍」という病気が考えられます。

この病気は、主に乳首が陥没している人に見られやすく、乳首が陥没していることによって乳管が閉ざされてしまい、感染を起こすことによって起こります。

この場合には、切開などにより溜まった膿を排除する必要がありますので、一度病院に相談することをお勧めします。

また、この病気は中年以降の女性は慢性化することもありますので注意が必要です。

乳首から血の混じった分泌液が出る

乳首から血の混じった分泌液、また、茶褐色の分泌液が出た場合には乳がんが疑われます。

特に乳房のしこりと共に、片側の乳首からの出血の場合にはすぐに病院にかかってください。

しこりがある場合、そのしこりが良性か悪性かは半々と言われています。

乳がんは早期発見によって、その治癒の確立が高いガンと言われていますので、少しでも疑わしい現象が見られた場合にはすくにかかりつけ医に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい