栄養補給大丈夫?更年期障害対策!更年期女性が摂りたい栄養と働き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に更年期といわれる40代後半から50代にかけて、女性の体調は大きく変化します。これまでとは異なる不快な症状が繰り返し現れるので、とまどったり憂鬱になったりすることも増えてくるもの。

そこで今回は、更年期に体調が崩れやすい理由と、それらを解消するために意識して摂りたい栄養についてご紹介します。

スポンサーリンク

更年期に体調が崩れやすい理由は?

女性の生理周期は女性ホルモンのバランスによってコントロールされています。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。そのうちエストロゲンは、新陳代謝を活発にして肌や髪を美しくしたり自律神経のバランスを整える働きをしています。いわば女性の美と健康のカギを握っているホルモンです。

根本的な原因は卵巣の老化

エストロゲンは、脳の視床下部という部位から分泌指令が出され、それを受け取った卵巣が分泌しています。

しかし卵巣は加齢にしたがって少しずつ老化していきます。卵巣の老化は、個人差はあるものの35~37歳頃から進みはじめ、40代後半から老化のスピードが急激に上がります。

卵巣が老化してくると、脳の視床下部からの指令への対応が鈍くなってエストロゲンを分泌しにくくなります。すると女性ホルモンのバランスが大きく崩れ、不定愁訴とよばれるさまざまな不快な症状が増えてくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい