生活臭は気づきにくい!来客時に気になる家の臭いの予防・対策は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の中の臭いというのは、そこに住んでいるうちにだんだん慣れてしまい、自分たちでは分からなくなってしまいます。

ですから、お客さんが来た時「くさっ!」と思われてしまう可能性大。

特に気を付けたいのが、玄関やトイレ、キッチンなどの臭いがこもりやすい場所です。

お客さんが出入りすることも多い場所なので、念入りに消臭対策をしておきましょう。

簡単にできる方法をご紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

玄関の消臭

<靴箱の中に炭や重曹などを入れておく>

木炭や焦げたパン、重曹、緑茶のティーバッグ(使用後に天日干ししたもの)などを下駄箱に入れておくと、嫌な臭いをとってくれる効果があります。

靴の臭いが気になる時は、中に十円玉を入れておきましょう。

原料の銅には強い殺菌効果があるので、一晩入れておけば臭いはかなり改善されますよ。

<時々空気を入れ替える>

防犯意識が高まってきたこともあり、普段玄関のドアを開け閉めするのは必要最低限な時のみ、という家庭も多いですよね。

しかし、風通しが良くないと掃除しても結局臭いがこもってしまうので、時々空気の入れ替えをすることが大切です。

上手に臭いを逃がすコツは、家の中の窓も開けて風の通り道を作ること。

虫が入ってくることが気になる時は、ドアに開閉式の網戸を取り付けておくと良いですよ。

トイレの消臭

<1日に1回、床や壁を拭く>

女性の場合はあまり尿が飛び散る心配はありませんが、男性は立って用を足すので、どうしても壁や床に飛び散ってしまいがちです。

これを放置すると雑菌が繁殖して悪臭が発生するので、1日に1回、トイレ用クリーナーや雑巾を使って拭き掃除をしましょう。

本当はトイレを使うたびにできれば良いのですが、それはちょっと面倒なので「寝る前にトイレを使ったついでに拭く」という程度で問題ありません。

<酢水スプレーをかけておく>

酢は酸性なので、アルカリ性である尿の臭いを中和して消す効果があります。

そのままだと酢の臭いがきつすぎるので、二倍の水で薄めた「酢水スプレー」を作り、尿が飛び散りやすい場所や便器の尿石が気になる部分にかけておきましょう。

しばらくは酢の臭いが気になりますが、しばらくたてば飛んでしまうので心配はいりません。

どうしても酢の臭いがダメな場合は、クエン酸でも同様の効果が得られますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい