おならで分かる腸内環境~更年期障害に多い便秘や下痢、おならの悩み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おならが臭いと自分も他人もイヤですよね。更年期に嘔吐、吐き気、便秘や下痢の他に、おならのことなどで悩む女性が増えています。

おならが臭いには、お腹や腸の調子が悪いのかも?

更年期になると、いろいろな身体の不調を訴える人が多くなります。また心理的な症状で悩む人も多く、それも身体の不調に直結しています。ストレスに弱い消化器系にダメージを受けることも少なくありません。

スポンサーリンク

知っておきたい 更年期障害の仕組み

エストロゲンと自律神経

更年期障害は卵巣機能が衰え、女性ホルモン「エストロゲン」が減少することによって引き起こされる様々な症状です。

エストロゲンの減少は自律神経にも影響を与え、その働きが悪くなります。

自律神経は呼吸や体温維持、内臓の働きといった自分の意思でコントロール出来ない神経です。

健康でいるためには、その働きが順調であることが必要です。

ストレスの影響を受けやすい消化器系

更年期障害は身体的な症状だけでなく、メンタル面にも様々な症状が見られます。

憂鬱、不安、イライラ、感情の浮き沈みなどが大きくなり、それらを含めたストレスが強くなると、身体の不調に繋がっていきます。

特に胃腸などの消化器系はストレスの影響を受けやすく、消化器不良は更年期障害のメジャーな症状のひとつに挙げられています。

自律神経が上手く働かないことで胃腸の動きも悪くなり、胃腸炎、胃潰瘍、過敏性腸症候群などの病気になることもあります。

腸の場合は便秘や下痢といった症状が見られることが多く、これらを放置することにより症状が悪化して治りにくくなってしまいます。

おならで分かる健康状態

おならは腸内環境のバロメーター

恥ずかしさが先に立ち、なかなか相談しにくいのが「おなら」の問題。

生きている以上、誰もが出すものなのでおなかの調子とは切っても切り離せない関係にあります。

おならによってお腹の調子を知ることが出来ます。

そもそもおならとは食事の時に一緒に飲み込んだ空気と、食物の分解時に発生するガスのことを指します。

腸内に悪玉菌が増えている時はおならが臭くなると言われ、そのにおいは腸内環境のバロメーターのひとつでもあります。

腸内環境を整える5つのポイント

腸内環境を整えるためには、

➀規則正しい生活を心がける
➁ヨーグルト、納豆、チーズなどの発酵食品や食物繊維をバランスよく摂る
➂積極的に水分補給をする(炭酸やカフェイン、アルコール等は控え目に)
➃適度な運動をして腸の蠕動運動を促す
➄悩みやストレスを溜めないようにする

これらは腸の健康に欠かせないことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい