更年期の炎症症状‥これも更年期障害?場所と炎症でみる炎症チェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害は、女性ホルモンの減少によって様々な症状が起こります。

ホットフラッシュや頭痛、月経不順、憂鬱感など良く知られている症状の他に、膣炎や膀胱炎、皮膚炎などの炎症が起きるケースも少なくありません。

これらの炎症は放置しておくと治りにくくなってしまうこともあります。

更年期障害に対する正しい知識を持ち、適切な治療を早めに行なうことが大切です。

スポンサーリンク

更年期障害の仕組みを知ろう

女性ホルモンの減少で脳が混乱!?

更年期障害は卵巣の機能が衰えることによって、女性ホルモン「エストロゲン」が減少することによって起こります。

このエストロゲンの分泌は脳の視床下部という所にある下垂体がコントロールしています。

エストロゲンは40歳を過ぎた頃に急速に減少しますが、下垂体はそれまでと変わらずエストロゲンを出すように指示します。

この指示がエストロゲンの減少により上手くいかないことで脳が混乱し、それが自律神経にも影響を及ぼすのです。

更年期に見られる症状とは…

更年期には心身両面において様々な症状が見られます。

更年期障害はホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、頭痛、動悸、消化器不良、倦怠感、疲労感、関節痛、月経不順、冷え、睡眠障害、憂鬱、不安、イライラ、落ち込みなどが良く知られている症状です。

このようなメジャーな症状の他にも高血圧、動脈硬化、肌の乾燥、膣炎や膀胱炎、物忘れなどもあり、非常に多岐に渡っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい