怒りやすいのは年齢のせい?更年期女性と怒りっぽい関係性を考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、怒りやすくなったと感じていませんか?特に40代~50代の女性…。

更年期障害の症状には身体的なものだけではなく、メンタル的なものが大きく影響して、憂鬱や不安、イライラなどの症状も出てきます。そして、それまでは穏やかな性格だった人が、些細なことで怒りっぽくなってしまったケースも珍しくありません。

スポンサーリンク

更年期障害とエストロゲンの関係

女性ホルモン「エストロゲン」とは?

更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンが減少することが原因で起こります。

このエストロゲンは40歳を超えると急速に減速し、心身の状態に様々な影響を与えます。

エストロゲンは妊娠の準備を整えたり、女性らしい身体を作るホルモンですが、自律神経の働きや感情の動きにも大きく関わっています。

エストロゲンが減少することで、心の動きもコントロールしにくくなってしまうのです。

更年期障害を諦めない

更年期障害のメジャーな症状といえばホットフラッシュ、頭痛、めまい、睡眠障害、消化器不良、月経不順、睡眠障害などの身体的症状と、憂鬱、不安、イライラなどのメンタル的症状があります。

メンタル的症状の代表格ともされるイライラは、周囲の人とのトラブルの原因になりやすく注意が必要です。

「仕方のないこと」と諦めるのではなく、少しでも改善出来る方法を見付けるために、医療機関を受診することをおススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい