理想の乳首はピンク色!市販薬やヨーグルトで乳首をピンクにする方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠や授乳などで以前よりも黒ずんでしまった乳首。

仕方がないとはいえ、やはり女性にとっては気になるもの。

そこで、今回は「乳首をピンク色にする」クリームや市販の薬などについて調べてみました。

スポンサーリンク

乳首をピンク色にする方法1-乳首専用の美白クリーム

ハイドロキノン配合のクリーム

「ハイドロキノン」はメラニンを合成する酵素「チロシナーゼ」を抑えてくれる働きが認められている成分で「究極の美白成分」とも呼ばれています。

乳首の黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑えるため、使い続けることによってターンオーバーにより沈着したメラニンが剥がれ落ち、乳首をピンク色に導くのです。

その美白効果は、その他の美白成分と比べて10倍~100倍とも言われています。

以前はその強力な効果から、医療用(美容クリニックなど)としてのみ販売されていましたが、2001年の規制緩和によって今では市販でも手に入るようになりました。

アルブチン配合のクリーム

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類があり、そのうち「βアルブチン」の方がより美白効果が高いと言われています。

厚生労働省にも認可された成分である為、副作用もなく安心して使用することができるのがこの「アルブチン」の利点でしょう。

ただ、アルブチンには天然のものと合成で作用を強くしたものが存在しており、合成のものは稀に肌トラブルを起こす恐れもあるため、できれば天然のアルブチンが配合されたものを選ぶのが無難でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい