更年期障害の悪循環は睡眠障害にあり!更年期の睡眠障害を解消したい!

             

更年期の睡眠障害を乗り越えるために

睡眠障害に悩む人は多い

「体調が悪い時だからこそ、ゆっくり眠りたい」

それは誰もが思うことですよね。

しかし身体が疲れ過ぎている時、大きな仕事やイベントに参加した日の夜などに限って眠れないことが多いものです。

更年期には、この眠れない状態に苦しむ人が多く深刻な悩みとなっています。

まずはその睡眠障害の原因を正しく診断してもらうことから始めましょう。

更年期障害の悪循環に陥らないためにも、早めに医療機関を受診することをおススメします。

睡眠障害の治療方法

医療機関では生活習慣の見直しや精神療法の指導、また睡眠導入剤などを処方されることもあります。

薬の副作用や依存性が不安であれば、その気持ちをきちんと医師に伝え、まずは漢方薬などの副作用が少ない薬を処方してもらうようにしましょう。

睡眠導入剤も1錠ではなく、錠剤を半分に切って服用することも可能です。

これ以上不安やストレスを増やさないことが重要なので、納得のいく治療方法を選択することが大切です。

 

まとめ

睡眠障害は更年期の心身に大きなダメージを与えます。

不調が起きやすい時期だからこそ、しっかりした休養が必要。

何よりも質の良い睡眠を取ることが重要です。

  • 睡眠に良い環境を作ること
  • 質の良い睡眠が得られるライフスタイルに変えていくこと

普段の生活のちょっとした見直しで、更年期障害の悪循環を断ち切れるようになるのかも知れません。

       
最新情報をチェックしよう!