更年期の体調不良の軽視はNG!更年期障害に隠れる心と身体の病気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の場合、閉経の前後10年を更年期と言います。

平均的には45~55歳に訪れることが多いと言われています。

この頃に体調不良を訴える人は更年期障害と診断されることが多く、その症状にも個人差があり、日常生活には殆ど影響がないというケースから寝込んでしまうケースまで様々です。

スポンサーリンク

知っておきたい 更年期障害の仕組み

エストロゲンの減少が混乱を招く

40歳を過ぎると卵巣の機能が衰え、女性ホルモン「エストロゲン」の量が急速に減っていきます。

脳の視床下部という所にある下垂体は、卵巣に向けて「エストロゲンを出しなさい」と指示を出します。

それまでは指示通りにエストロゲンを分泌していた卵巣ですが、その機能の衰えにより、指示通りに働くことが出来なくなります。

何度も繰り返し指示を出してもエストロゲンが分泌されないことで、脳の視床下部では混乱を来します。

視床下部は自律神経のコントロールも行なっているため、これが混乱することで自律神経にも大きな影響を与えてしまうのです。

自律神経の働き

自律神経は呼吸や体温、血圧、代謝や消化機能といった健康を維持する上で大切な役割をしている神経です。

自律神経は自分の意思と関係なく働く独立した神経と言っていいでしょう。

この自律神経が上手く働けなくなったことで、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)や頭痛、めまい、動悸、耳鳴り、肩や首のこりと痛み、消化器不良、冷え、睡眠障害などといった様々な症状が表れ、体調不良に繋がっていくのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい