キレイな爪がイイ!爪の状態で更年期の健康チェック?爪が割れる原因と症状

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視界に入りやすい指先。

指先が荒れていたり爪が汚いと、自分はもちろんですが人の視線も気になりますよね。

更年期障害の症状にも挙げられる皮膚や髪、爪の乾燥。

血行不良や乾燥することで爪も割れやすくなります。

健康のバロメーターとも言われる爪。

「この機会に自分の身体と向き合うべき」というサインを送られているのかも知れません。

スポンサーリンク

更年期障害は十人十色

更年期障害を知ろう

更年期は閉経の前後10年を指し、一般的には45~55歳に訪れことが多いとされています。

更年期障害は女性ホルモン「エストロゲン」が減少することによって起こる身体の様々な不調です。

ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、冷え、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、首こり、消化器不良、睡眠障害、そして憂鬱、不安、イライラ、落ち込みなどが良く知られている症状です。

血行不良が原因になっている症状も多いのですが、同時に水分も失われやすい状態になっているので皮膚や髪、爪も乾燥して傷みやすくなります。

更年期障害には個人差があるから

更年期は全ての人に訪れますが、更年期障害は全くその症状が出ないという人から、あらゆる症状が強く出て寝込んでしまうという人まで個人差があります。

治療方法はそれぞれの症状にあったもの、また年齢や体質、環境等も考慮して決められます。

近年は副作用の少ない漢方薬を処方する婦人科も増えているので、依存性や副作用が心配な場合は専門医に相談してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい