目がしょぼしょぼする、疲れ目の症状も更年期障害?目の異常は軽視NG!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代社会は「目」にとってマイナスなことが多い時代。

パソコン、携帯電話、テレビ、ゲームと関わらずに生きることは困難な機器達。

そんな世の中に生きているからこそ、大切にしたい目の症状。

更年期障害だからと軽く見ていると、症状が重くなってしまう可能性もあります。

更年期に入ったことをきっかけに、自分の身体と向き合ってみませんか?

スポンサーリンク

まずは更年期障害を知ることから

更年期障害の仕組み

更年期は閉経の前後10年の期間を指し、卵巣の機能が衰えたことによって女性ホルモン「エストロゲン」が減少します。

それにより様々な心身の不調が表れることを更年期障害と呼びます。

エストロゲンは女性らしい身体作りや妊娠の準備を整えるだけでなく、自律神経や脳の働きにも大きな影響を与えています。

自律神経は呼吸や血圧、体温、内臓の働きといった生命の維持をしてくれる独立した神経。

エストロゲンが減少することで、これらの働きがスムーズにいかなくなり、自律神経失調症と同じ症状を引き起こします。

更年期障害の症状とは

更年期障害はホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、冷え、頭痛、めまい、耳鳴り、肩や首のこりや痛み、消化器不良、睡眠障害といった身体的症状と、憂鬱、落ち込み、イライラ、不安、意欲・集中力の低下といったメンタル的症状が良く知られています。

更年期障害はその症状、重さ、期間に個人差があり、予めそれを判断することは出来ません。

一過性のものと捉えるのもポジティブな考え方と言えますが、長期に渡るケースも少なくないので、我慢し過ぎず積極的に専門医を受診することをおススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい