更年期の目のかすみは何のサイン?更年期障害?目がかすむ病気とは?

             

更年期障害の治療方法

更年期障害の薬って?

更年期障害の症状は十人十色。

治療方法もそれぞれの症状、年齢や体質、環境などに配慮し選択されます。

現在はホルモン補充療法や漢方薬での治療が主流。

ホルモン補充療法は減少したエストロゲンを内服薬や貼り薬で補充。

自律神経のバランスを整え、様々な身体の不調を改善します。

漢方薬は副作用や依存性が少ないことから、近年処方されることが多くなった薬です。

幅広い症状に効果があると言われているので、更年期障害の複数の症状に悩む人にもおススメです。

更年期には、こんなことも重なります

薬での治療の他にもメンタル面のケアや、ライフスタイルの見直しなどのカウンセリングを行ないます。

更年期は子どもの独立や親の介護、責任ある役職への就任など、自分を取り巻く環境が変化する時期でもあります。

更年期障害の症状はこういった環境の変化にも影響を受けることが多く、想像以上のストレスがかかってしまっているのです。

更年期障害はこれらのことも視野に入れて、心身の両面から治療を行なっていくことが大切です。

 

まとめ

目のかすみや疲れ目などは、「良くあること」と軽く見てしまいがちですが、大きな体の異変が隠れている可能性も否定出来ません。

手遅れにならないよう、40歳を超えたら医療機関を受診し、検診を受けることが大切です。

更年期は人生の折り返し地点とも言われています。

この機会に自分の心身のメンテナンスを行うつもりで、生活リズムや食生活も見直していきましょう。

       
最新情報をチェックしよう!