手足が熱くなるのも更年期障害?更年期に見られる「熱い」の原因とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害の代表的な症状ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)。

大抵の場合、頭や顔を中心に表れる症状です。

滝のような汗をかきながらも、手足などは冷えているというケースが多くなっています。

その一方で逆に手足が熱くて辛い、眠れないといった症状で悩む人も…。

どうしてこんなことが起きるのでしょうか?

スポンサーリンク

更年期障害の仕組みを知ることが大切

更年期障害ってどうして起きるの?

更年期は閉経の前後10年、平均的には45~55歳に訪れることが多いとされています。

加齢とともに衰えた卵巣が、女性ホルモン「エストロゲン」を分泌することが出来なくなり、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

これによって引き起こされるのが更年期障害の症状。

ホットフラッシュや頭痛、めまい、動悸、耳鳴り、肩こり、消化器不良、冷え、睡眠障害、憂鬱、不安、イライラ、落ち込み、集中力や意欲の低下などが良く知られている症状です。

身体の中で激しい温度差を感じる

ホットフラッシュの多くは、頭や顔が急にほてり、たくさんの汗をかきます。

気温や季節に関係なく、また何の前触れもなく起きることから、更年期障害の悩める症状の代表格でもあります。

どんなに寒い状況であっても急激にカーッと熱くなり、滝のような汗が流れ下着が濡れて不快な思いをすることも珍しくありません。

他人の目も気になり、外出に不安を抱く人もいます。

そんな時でも手足は非常に冷たく、身体の中で激しい温度差を感じるケースも少なくありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい