「最近涙もろい、些細な事で泣く」~更年期障害の症状?涙が出る理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期は閉経前後の10年を指し、一般的には45~55歳に訪れることが多いとされています。

加齢により衰えた卵巣が女性ホルモン「エストロゲン」を分泌出来なくなり、それによって身体に様々な不調を来します。

この症状が更年期障害。身体的な症状だけでなく、不安や憂鬱、落ち込み、イライラ、涙もろくなるなどの心の症状も表れます。

スポンサーリンク

更年期障害の心の症状と向き合う

更年期障害が起きる仕組み

女性ホルモン「エストロゲン」は女性らしい身体作りや妊娠の準備、また自律神経や脳の働き、感情の動きにも影響を与えています。

40歳を過ぎると、このエストロゲンが急速に減少。

ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、冷え、頭痛、めまい、耳鳴り、肩や首のこりや痛み、消化器不良、月経不順、睡眠障害、そして憂鬱、落ち込み、不安、イライラ、集中力や意欲の低下、感情の浮き沈みといった症状が良く知られています。

身体の不調が原因で心にも不調を及ぼしたり、心の不調が原因で身体に異状を来したり、心身の症状は切っても切り離せない関係にあります。

更年期障害の心の症状を判断するポイント

身体の不調は分かりやすいものですが、心の不調をはっきり確認するのは難しく、自覚した時には症状が重たくなってしまっているケースも少なくありません。

・些細なことでイライラするようになった
・人に会うのが苦痛
・不安や緊張した状態が続く
・理由もなく突然泣くことが多くなった
・好きなことや趣味などに対しても、やる気が起きなくなった
・喜怒哀楽の波が激しい

これらのことが更年期障害の心の症状を判断するポイントにもなります。

当てはまる場合は早めに婦人科を受診しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい