仕事中の「眠気」をどうにかしたい!更年期障害の「眠気」対策とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期は閉経前後の10年程度の期間を指し、一般的には45~55歳頃に訪れることが多いとされています。

そこに表れる様々な身体の不調を更年期障害と呼び、全く症状の出ない人から寝込むほどひどい人まで個人差があります。

また睡眠障害で悩んでいる人も多く「眠れない」だけでなく、睡眠が取れているにも関わらず「眠い」「眠気が強い」などの症状も見られます。

スポンサーリンク

更年期に見られる「眠気」とは

女性ホルモンの減少が影響

40歳を超えると女性ホルモン「エストロゲン」が急速に減少。

エストロゲンは妊娠の準備や女性らしい身体作り、自律神経や脳の働き、感情の動きにも影響を及ぼしています。

このエストロゲンが分泌されなくなることで、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、頭痛、めまい、動悸、冷え、肩こり、消化器不良、月経不順などの身体的症状や、憂鬱、落ち込み、不安、イライラ、意欲・集中力や意欲の低下などのメンタル的症状もあります。

この他にも更年期障害の代表格と言えるのが睡眠障害。

睡眠障害というと一般的には不眠や睡眠不足といった内容を思い浮かべますが、睡眠が取れているにも関わらず一日中眠気に悩まされる過眠という症状もあります。

昼間に襲ってくる眠気

過眠は昼間の仕事中などの眠ってはいけない時間帯に急激に眠気が襲ってきて、実際に眠ってしまうことも度々あります。

人と会話をしている最中や食事中などにも起こるので、周囲の人からは不愉快に受け取られがちです。

またぼんやりすること、ウトウトすることが多いので、集中力や判断力、記憶力なども低下するため、車の運転などは絶対にNGです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい