更年期障害のひどい症状を何とかしたい~必見!更年期は「こんな時期」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期は誰にでも訪れるものですが、更年期障害は殆ど何の症状も出ないという人から、寝込んでしまうほどひどい症状が出る人まで個人差があります。

その症状も身体面からメンタル面まで多岐に渡り、どんな症状がどれくらいの期間続くのか分かりません。

心身の不調を感じたら、あまり我慢ばかりせず、早めに婦人科を受診することも大切です。

スポンサーリンク

知っておきたい更年期あれこれ

更年期障害の症状

更年期障害はホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、冷え、頭痛、耳鳴り、めまい、動悸、吐き気、下痢、便秘、肩や首のこり・痛み、腰痛、月経不順、睡眠障害などの身体的症状。

そして憂鬱、落ち込み、不安感、喪失感、イライラ、集中力・判断力・意欲の低下などメンタル的症状が良く知られています。

更年期障害の症状はこの他にもいろいろあり、十人十色、個人差があります。

更年期が訪れるのは…

更年期は閉経を挟んだ前後10年間のことを指し、一般的には45~55歳に訪れることが多いとされています。

更年期障害は、どんな症状がどれくらいの期間に渡って表れるのか分かりません。

例え症状自体は軽くても、長期間に及ぶと心身の負担は大きくなります。

40歳を過ぎて心身の不調を感じたら、なるべく早めに婦人科を受診することをおススメします。

婦人科とは長いお付き合いになることも考慮し、通いやすく信頼出来る所を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい