妊娠超初期の下腹部痛はいつからいつまで続く?右側・左側が痛い原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠の超初期段階の症状でよく見られる「下腹部痛」。

生理痛のような痛みやズンと響くように痛むこの症状。

何が原因なのでしょうか?

スポンサーリンク

妊娠超初期に見られる「下腹部痛」・その原因は?

妊娠の初期段階で起こる下腹部の痛みは、生理痛のような痛みであったり、またぐっと抑えられたような鈍痛が見られる人など、痛みの感じ方は人それぞれのようです。

この痛みは、妊娠によって子宮が赤ちゃんを産む為の準備を始めた証拠。

子宮が少しづつ大きくなるに従って、周りの臓器が引きつられる時に起こる痛みです。

また、まだ子宮が大きくなっていない超初期段階での痛みは「着床痛」と言って、受精卵が子宮にたどり着いた時におこることがあります。

これは受精卵が子宮にたどり着くと、胎芽を育てる為に子宮が収縮をはじめる為に起こる痛みです。

生理痛と似たこの痛みですが、妊娠によって引き起こされている場合には下腹部痛に伴って腰痛や恥骨の痛みなど、いつもの生理痛よりも重い症状として現れることが多いようです。

妊娠超初期の下腹部痛で「右側のみ」が痛む場合

妊娠超初期で右下の腹部のみが痛む場合、たいていの場合は「成長痛」と言って、妊娠によって子宮が成長する際に起こる痛みです。

妊娠をし、赤ちゃんと共に子宮が次第に大きくなってくると、子宮のまわりの筋肉や靭帯などが伸びることによって右下の下腹部痛が起こることが多いのです。

右下の下腹部が激しく痛む場合には、盲腸の可能性も?!

妊娠中に気をつけなければならないのが、右側の下腹部痛が子宮が大きくなることによる「成長痛」なのか、そうでないかの判断です。

痛みがひどい場合には「盲腸」である可能性もあります。

盲腸の多くは白血球の数字が高くなったり、嘔吐などの消化器系病気の症状が伴って出るのですが、妊娠している場合には、白血球の値がもともと高くなっていることと、つわりの「吐き気」の症状などで見分けることが難しいのです。

また、過去に盲腸を患った方は妊娠することによって再発する危険性が高いそうなので、おなかが張っていて痛みがひかない、痛みが強いなどの症状がある場合にはすぐに病院へ受診するようにしましょう。

妊娠超初期の下腹部痛で「左側のみ」が痛む場合

妊娠の超初期段階で見られる左側の下腹部痛は、排卵によって卵巣が腫れている場合に起こることが多いようです。

また、左側のみの下腹部痛がある場合、子宮を支えている子宮円索という組織の痛みがあります。

子宮円索は子宮の横から足の付け根の方に伸びて、子宮を骨盤にしっかり固定している組織で、その子宮円索が子宮が大きくなる時に引っ張られて痛みを起こすこともあります。

その他には「着床痛」や子宮が大きくなることで起こる自然な痛みの場合が多く、心配は要らないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい