どうしてる?更年期の夫婦生活~更年期障害で夫婦の絆が試される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害は女性ホルモンの減少により様々な心身の不調を来します。

生理不順や女性器のかゆみ・痛みといった不快感を訴える人も少なくありません。

これらの症状は夫婦生活にも影響を与え、場合によっては大きな溝を作ってしまう可能性もあります。

更年期にさしかかったら誤解や不満を招かないように、お互いに話し合う時間を大事にしましょう。

スポンサーリンク

閉経と更年期障害

女性ホルモン「エストロゲン」の働き

更年期障害は卵巣機能の衰えにより女性ホルモン「エストロゲン」が減少することで起きる心身の様々な不調です。

エストロゲンは自律神経や脳の働き、感情のコントロールなどにも影響を与えている、女性にとって非常に重要なホルモンです。

更年期障害はホットフラッシュ、冷え、頭痛、めまい、動悸、肩こり、生理不順、睡眠障害、そして憂鬱、不安、落ち込み、イライラ、集中力・意欲の低下、喪失感といったものがよく知られている症状です。

閉経が近付くと

閉経が近付くに連れて生理不順が起きるのは止むを得ないことですが、その不安定さに悩む人も少なくありません。

生理の間隔も一定ではなくなり、生理期間も短かったり長かったりとその時によって違いがあります。

閉経が近いのだから出血の量も減るような気がしますが、実際はその量にもバラつきがあり、中には多くて外出するのも困難という人もいます。

またエストロゲンが減少することで膣内が乾燥しやすくなり、痛みやかゆみ、またにおいの強いおりものが出ることもあります。

このような症状が見られたら婦人科を受診し早めに治療を始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい