更年期に多い不定愁訴って何?更年期障害と不定愁訴の関係と対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これといった原因がないのに感じられる、からだの不調(の、うったえ)。」これは国語辞典(三省堂)に載っている「不定愁訴」の意味です。

更年期障害と切っても切れない関係の不定愁訴。

血液検査や画像診断といった検査をしても異状が見当たらず、はっきりとした原因が分からない症状のことを言います。

この不定愁訴、一体どうすれば治るのでしょうか?

スポンサーリンク

更年期障害の仕組みを知っていますか?

更年期障害の症状

更年期は閉経を挟んだ前後10年程度の期間を指します。

更年期は誰にでも訪れるものですが、更年期障害には個人差があります。

全く何の症状も出ないという人から、寝込んでしまう重い症状の人まで様々です。

更年期障害は頭痛、めまい、吐き気、ホットフラッシュ、食欲不振、耳鳴り、肩こり、腰痛、下痢、便秘、月経不順、睡眠障害といった身体的症状があります。

また憂鬱、イライラ、落ち込み、不安感、喪失感、集中力・意欲の低下などのメンタル的症状も良く知られています。

更年期障害と自律神経の関係

更年期障害は女性ホルモン「エストロゲン」が減少することが原因で、脳の働きや自律神経のバランスに乱れが生じる心身の不調です。

自律神経は呼吸や体温、血管の拡張収縮、内臓の働きなどを支配する神経です。

自分の意思と関係なく働く神経であるため、自分でコントロールすることは出来ません。

自律神経のバランスを整えるには、生活習慣の見直しなどで日頃から健康に心がけることが必要になってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい