つらい偏頭痛、更年期に多いのは何故?更年期障害の偏頭痛を軽減するには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛は誰もが経験する症状のひとつ。

ひとくちに頭痛と言っても、いくつかの種類があります。

感染症や発熱による頭痛もありますが、疲れやストレス、筋肉の緊張が続くことにより起こるケースもあります。

心身の不調が表れやすい更年期では、偏頭痛が頻繁になり、日常生活に大きな影響を与えることも少なくありません。

スポンサーリンク

偏頭痛の原因と、その見分け方

どんな頭痛が偏頭痛?

主な頭痛は大きく分けると3種類に分類されます。

・偏頭痛(片頭痛)~頭の片側が脈打つようにズキンズキンと痛むので片頭痛とも表す
          吐き気や視野の異状を伴うことも
・緊張型頭痛~同じ姿勢を続けることにより首や肩の筋肉が緊張して起こる
       後頭部を中心とした締め付けられるような痛み
・群発頭痛~目の奥の激しい痛み
      痛み始めると、一定の期間毎日のように症状が表れやすい

痛みの強さや感覚は個人差があるので、どれに当てはまるのかは医療機関で診断してもらう必要があります。

偏頭痛の原因とは

偏頭痛は、

・睡眠不足や疲労
・筋肉の緊張や萎縮
・頸椎の歪み、異状
・冷え、血行不良
・ストレス

などが原因とされています。

デスクワークの人、身体に強い負担がかかる仕事をしている人は偏頭痛になりやすい傾向があるので気を付けましょう。

また遺伝性もあり、特に母親→娘への遺伝が多いとされています。

生活習慣の見直しで改善出来るケースもあるので、この機会に自分のライフスタイルを見つめ直してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい