更年期障害に絶対に負けない!更年期に負けずにポジティブに過ごすには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期は誰にでも訪れるものですが、更年期障害には個人差があります。

・それまでと全く何も変化が見られない人
・日常生活に影響がない程度の症状の人
・起き上がることも出来ず、寝込んでしまうほど重い症状の人

どんな症状がどのくらいの期間に渡って続くのかは分かりません。

更年期障害に負けないために、どんなことに注意が必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

更年期障害に負けない!その①~知っておきたい更年期の仕組み

いくつになったら更年期?

更年期とは閉経前後の10年程度の期間を指します。

一般的には45~55歳に訪れることが多いとされています。

40歳を過ぎた頃から卵巣機能の衰えにより、「エストロゲン」という女性ホルモンが急速に減少。

このエストロゲンは女性らしい身体作りや妊娠の準備、骨の形成などに加え、自律神経や脳の働き、感情の動きにも作用するホルモンです。

更年期障害はどうして起こるの?

エストロゲンの分泌をコントロールしているのは、脳の視床下部という所にある下垂体。

この下垂体の指示により、卵巣はエストロゲンを分泌しています。

しかし更年期の頃になると加齢によって卵巣の機能が衰え、下垂体の指示通りにエストロゲンを分泌することが出来なくなります。

下垂体の指示通りにいかないことに脳が混乱。

同じ視床下部にある自律神経にも影響を与え、心身の様々な不調に繋がってしまうのです。

この不調による症状のことを更年期障害と呼んでいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい