更年期の「耳が聞こえにくい」症状~更年期障害と耳の症状の関係とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩や首のこり、腰痛、視力の低下、肌の乾燥など加齢によって起きる症状はたくさんあります。

耳が聞こえにくくなるのも、加齢が原因であることが少なくありません。

しかしその一方で大きな病気が隠れている可能性も…。

まずは異状がないかどうかを、医療機関できちんと検査してもらうことが大切です。

スポンサーリンク

どうして起きるの?更年期障害

更年期障害の仕組みを知る

更年期は閉経前後の10年程度の期間を指し、一般的には45~55歳に訪れることが多いと言われています。

更年期障害は女性ホルモン「エストロゲン」が減少することによって起きる様々な身体の不調。

エストロゲンは自律神経のバランスにも影響を与えるホルモンです。

自律神経は呼吸や体温、血圧の維持、血管の収縮や拡張、内臓の働きなど、生きていく上で必要不可欠な役割を担っています。

症状に個人差あり

自律神経の乱れが更年期障害の様々な症状を引き起こすことに繋がっています。

例えばホットフラッシュや頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、肩こり、腰痛、便秘、下痢、月経不順、睡眠障害といった身体的な症状や、落ち込み、不安、憂鬱、イライラ、意欲や集中力の低下などのメンタル的症状が良く知られています。

どんな症状が、どの程度の強さで、どれくらいの期間に渡って表れるかには個人差があります。

全く症状の出ない人から、寝込むほどのひどい症状の人まで、まさに十人十色と言っていいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい