更年期のミスが人生を変える!?更年期障害の症状がミスを招くことも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期は心身にあらゆる不調を来す時期でもあります。

身体の症状は自分でも分かりやすいものが多いのですが、メンタル面は周りの人から指摘されて初めて気付くことも少なくありません。

憂鬱やイライラなどが良く知られている症状ですが、集中力や判断力が低下することも多く、仕事や家事などで思わぬミスをすることもあります。

スポンサーリンク

そもそも更年期とは…?

エストロゲンの影響

更年期は閉経を挟んだ前後10年の期間を指します。

日本人は45~55歳に訪れることが多いと言われています。

40歳を超えると加齢により卵巣機能が衰えて、女性ホルモン「エストロゲン」が急速に減少します。

エストロゲンは女性らしさや妊娠の準備といった作用だけではなく、自律神経や脳の働き、そして感情の動きにも影響を与えるホルモンです。

このエストロゲンの減少が原因となって、心身に様々な不調をもたらします。

更年期障害の症状って?

更年期障害は頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、肩こり、首こり、吐き気、消化器不良、冷え、月経不順、睡眠障害といった身体的な症状と憂鬱、落ち込み、不安、イライラ、意欲や集中力の低下、喪失感などのメンタル的な症状があります。

身体的な変化は自分自身でも分かることが多いのですが、メンタルの変化は自覚するのが難しく、自分で気付いた時にはかなり重い症状になってしまっていることが少なくありません。

身近な人、周囲の人の意見に真摯に耳を傾け、時には客観的に自分と向き合ってみる姿勢が大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい