更年期の胸焼け~その胸焼けは本当に更年期障害?原因はストレスかも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期とは閉経前後の10年を指し、45~55歳に訪れるのが一般的。

女性ホルモン「エストロゲン」が急速に減少し、様々な心身の不調が表れることを更年期障害と言います。

更年期障害の症状には個人差がありますが、ストレスの影響を受けやすい消化器不良が多く見られます。

胸焼けやみぞおち付近の不快感、吐き気、便秘や下痢などが挙げられます。

スポンサーリンク

更年期障害の心身の不調

更年期障害に見られる症状

更年期障害はホットフラッシュ、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、肩こり、動悸、胸焼け、消化器不良、生理不順、睡眠障害、そして憂鬱、不安、落ち込み、イライラ、喪失感、意欲や集中力の低下といった症状があります。

更年期は子どもの独立、親の介護、仕事や地域での責任ある役職への就任、同じ世代の人や身近な人の闘病や死といった環境の変化にも直面します。

これらの環境の変化も大きなストレスとなり、更年期障害の症状を悪化させることに繋がるのです。

消化器官はストレスに弱い

ストレスの影響を受けやすいとされているのが消化器官。

食道、胃、腸などはストレスから不調を起こすことも少なくありません。

腹痛や胸焼け、吐き気、みぞおちの不快感や痛み、長引く下痢や便秘といった症状が見られたら、まずは専門医を受診。

特に異状がないようであれば、更年期障害の不定愁訴と考え、婦人科を受診しましょう。

更年期障害の症状を感じたら、この機会に生活習慣の見直しをする事をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい